一方、生葉収穫量や荒茶生産量をみると、概ね横ばい圏内で推移しています。 茶の生産においては高い品質管理が行われており、例えば産地直売されている小売茶でさえも毎年3回、独自の規格統一審査を経て出荷されたもの … 鹿児島県のお茶の生産量は、全国第2位で主に煎茶を生産しています。 その中でも頴娃(えい)町は、全国市町村レベルで日本一のお茶の生産量を誇るお茶の産地です。年々栽培面積を増やし生葉生産量では、頴娃(えい)町だけで全国の約7%のシェアを誇る基幹作物となっています。 このページではお茶に関する様々な情報を掲載しています。 日本茶の素晴らしさを再認識いただく運動として、茶業団体が「Japan Tea Action(外部リンク)」や「日本茶ドア(Japan Tea Door)(外部リンク)」など、お茶に関する様々な情報発信を行っています。 お茶の京都; お茶の京都の市町村ご紹介 ... 平城京と宇治平等院とのほぼ中間に位置し、緑豊かな山腹に茶畑が広がっています。お茶の生産量は京都府第一位を誇り、まさに宇治茶の主産地としての名声を博 … 京都府は全国でもトップクラスのお茶の産地。そのお茶の9割以上が山城地域で生産されています。 全国茶種別生産量(荒茶)ランキング(単位:トン) 茶の商業的な生産地では最も北に位置していると言わ れる。村上茶は日本の茶の生産量の約1%を占める。 規模としては必ずしも大きいわけではないが、「北限 の茶」として各地に流通し、独自のブランド化に成功 している。 関東農政局「 茶の動向 」によれば、生産者の高齢化などから零細茶園を中心に減少していることが背景にあるようです。 生葉収穫量・荒茶生産量・10a当たり生葉収量. 日本茶の生産量第一位を誇る静岡県のブランド茶「川根茶」。 川根茶は静岡県中部の大井川流域で生産されるブランド茶で、黄金の水色と口に入れたときに広がるさわやかな香りが特徴です。 本記事では、川根茶の概要と歴史、美味しい入れ方を解説します。 全国の生産量の約3割が鹿児島県で生産されています。 県内の茶業団体で組織される(公社)鹿児島県茶業会議所は,日本茶インストラクター協会鹿児島県支部の監修のもと,産地ごとに異なるお茶の特徴を紹介する「かごしまお茶マップ」を作成しました。 主な生産市町村:伊平屋村、伊是名村、金武町、名護市、恩納村 茶 主に管内山間部で栽培され、温暖な気象条件のもと一番茶の収穫が3月中旬からと他府県より早いという特長があります。 生産量が全国の市町村単位では日本一である。 品質と評価. 【茶業振興に関する現状と将来見通し】 島根県の茶業生産は栽培面積が207ha、荒茶の生産量が235t、産出額(茶生 葉)が2億円となっています。(農林水産統計 平成21 年度調査より) 県内には、①茶樹を栽培し、茶葉を荒茶加工工場へ出荷している個人生産者、 お茶のページ. お茶のランキング 山城地域は宇治茶の主産地 「宇治茶」で知られた京都府内産のお茶を一挙ランキング. 道東の別海町といえば、日本一の生乳生産量を誇る、酪農が盛んな町として知られています。そんな別海町を表すのが「人より牛の数が多い」という表現。別海町の人口が1.6万人なのに対して、牛の飼育頭数が11.3万頭と、なんと約7倍! 酪農王国北海道に