> オーストラリア・シドニー 中高生短期留学「英語研修&ホームステイプログラム」【a6】 毎年恒例! シドニーの人気ジュニアプログラム1953年の創立以来、世界中で語学学校を展開するInternatinal House(IH)のボンダイ校です。 異文化体験を通して、次世代を担う”グローバルな人材”として成長されるお手伝いをします。 一般社団法人日本旅行業協会正会員, アンケート|生活ガイド|ご案内とご注意 学年:7年生~12年生(日本の中学1年生~高校3年生) ※現地生徒は原則同行いたしませんが体験入学校によっては同行する場合もございます。, 現地には現職の教員または教員経験者であるグループリーダーが引率として同行します。 【11日間・帰国航空便・昼行の場合】朝9回、昼8回、夜9回 ※英会話レッスンや授業参加以外にも、体験入学校によってはアボリジニ体験、スポーツなど特別授業を行う場合もあります。, さよならパーティー オーストラリア留学でホームステイを希望する人は、初めての経験で不安なこともあるでしょう。ここではオーストラリアでのホームステイでの注意点を中心に、生活面で気を付けたい点と交えながらご紹介しています。 【オーストラリアの語学留学 1週間98,000円~!】スマ留はクオリティそのままに費用は格安を実現したスマートな留学スタイルです。オーストラリア留学の特徴や魅力、お客様の体験談など留学する方が気になる情報をお届けします。 例)一般英語短期超集中型コースに食事付きシェアルームホームステイプランで2週間留学する場合。 $780(授業料)+$540(ホームステイ)+$250(宿紹介料)+$250(登録費)+$90(教材費) =$2020. 留学に際しては様々な不安があるかと思いますが、払拭できるよう、43年の実績と経験でしっかりサポートさせていただいております。最終日には多くの方が「日本に帰りたくない」と感じ、帰国後のアンケートでもホームステイについて『大満足・満足』と答える方が90%以上と、充実した時間を過ごされているようです。 オーストラリアの一般家庭の生活をいちばん身近に触れられるのがホームステイです。外国人留学生を自分たちの家に迎えて共同生活をするホームステイは、オーストラリアではごく一般的です。オーストラリアでは家族や友人と集まることが多いので、滞在中もいろいろな集まりがあるはずです。ハロウィンやイースター、真夏のクリスマスをホームステイファミリーと楽しむことができます。陽気でフレンドリーなオーストラリアの人々と触れ合いながら、日本では考えられないようなカルチャーショックを体験できるまたとないチャンスです。, ホームステイとは、現地に住むホストファミリーと一緒に生活を共にすることです。ホストファミリーと料理を作ったり、ショッピングに行ったり、時にはパーティーなども開いたり、学校では学べない現地の生活を経験する事ができます。オーストラリアで体験できるホームステイをご紹介いたします。, ホームステイの魅力は、なんといっても海外の家庭のふだんの暮らしを実体験できること。 美しい田園都市Toowoombaに位置する州立学校です。南クイーンズランド大学(USQ)や学校周辺地域社会とのつながりを利用した教育を提供しています。, 立地:ブリスベン中心部から南東へ約30分 言葉の壁を超えて遊ぶ子供たちに誘われて、お母さんやお父さんも、ごく自然に英会話を学習できると好評です。 オーストラリアのホームステイ先では、各家庭それぞれの生活習慣やルールが設けられています。ホームステイでは、各家庭の生活環境やライフスタイルを尊重 し、あくまでも“家族の一員”として普段の生活を共にすることが目的です。 企画・後援|ご旅行条件書 | 個人情報保護方針 オーストラリア(ブリスベン)語学インターナショナル・ハウス・ブリスベン・エーエルエス コスパの良さで選ぶならココ!アクティビ … オーストラリア・ゴールドコーストでの皆さんの留学や旅行を応援します。ワーキングホリデー・短期留学・長期留学・親子留学・旅行など、どなたでもお気軽にご相談下さい! オーストラリア親子留学。渡航前〜渡航中まで充実サポート!経験者の日本人スタッフがサポートする1週間からのプチ親子留学。幼稚園・プリスクール、小学校、中学校、高校、語学学校、ホームステイ手配…短期留学・長期留学、移住相談まで良心価格にて承ります。 オーストラリアの現地校に通い、現地生徒達と交流し、ホームステイで海外生活を体験できる夏休みの短期留学プログラム。滞在中は引率者(現職教員・教員経験者)がサポートします。中・高校生コースは11・14・21日間、小・中学生コースは10日間を設定しています。 学年:7年生~12年生(日本の中学1年生~高校3年生) オーストラリアでホームステイをする場合、1ヶ月12~15万円くらい必要になります。 語学学校の授業料や渡航費などを入れると、 1ヶ月の総額は30~50万円くらい で考えておくとよいでしょう。 オーストラリア短期留学に行って 中等部3年 Fさん 私は 7 月 25 日から 8 月 9 日までの 16 日間オーストラリアに短期留学をしてホームステイをしました。英語は学校の教科の中で一番好きな教科です。 一緒にオーストラリアの生活を楽しんでください!, こちらは治安がよく落ち着いた住宅街です。家は大変広く清潔感に溢れ、プールやお庭もあります。とてもフレンドリーな家族でマザーは昔日本に短期で留学していた経験があります。また海まで近く車で10,15分程なので週末はよく海に出かけるアクティブな家族です。, 日本で聞く英語との違いに驚きました。 もっと英語を勉強して新しい価値観を身に付けて行きたいです。, オーストラリアの豊かな自然や優しいホストファミリーと触れ合い、人生に活かせる経験をしました。, ホームステイを通してホストファミリーや海外の人達の思っていることを知りたい!勉強したいと思いました。, もっと多くの方にワーキングホリデーのこと、留学のこと、海外のことなどを 【21日間・帰国航空便・夜行の場合】朝18回、昼17回、夜18回 【14日間・帰国航空便・夜行の場合】朝11回、昼10回、夜11回 トラトラで登録しているホームステイファミリーの情報をもとに「オーストラリアのホームステイ事情」をご紹介します。オーストラリアのホームステイ事情を理解してたのしくて安全なホームステイを経験してください。ホームステイへの期待感が高すぎて、現実に驚かれる学生も多いです。 <お子様の対象年齢:0~17歳>, ホームステイでは、海外の一般家庭の生活を家族の一員として実体験できます。ラストリゾートでは英語を話す家庭や、個人部屋を提供してくれる家庭、最低2人以上が暮らす家庭、必ずホストマザーがいる家庭等様々なご要望にお答えできます。オーストラリアでできるホームステイの一例をご紹介いたします。, ホストファーザーは大工さんで、自分達で家を作った仲良し家族です。優しいマザーとファーザー、そして可愛い娘さんの4人暮らしです。, 優しい家族で、いつも生徒さんを暖かく迎えてくださります。お母さんは気を使ってくれ、よく話しをかけてくれます。, ホームステイ受入れ経験が長い、明るくにぎやかなファミリーです。 ※日本青少年海外研修研究会について, 近畿日本ツーリストの海外サポートオフィスが現地で安心フォロー ホストファミリーは、体験入学をする学校に通っている生徒や学校職員の家庭もしくは、地域の国際交流に協力的な家庭から選ばれます。(子供がいる家庭とは限りません。)中学生・高校生コースは、1家庭に1名の日本人の滞在を前提に進めておりますが、受け入れ状況によっては1家庭に2名で滞在する場合もあり、その選定は原則現地受け入れ機関で行います。(全期間でなく数日1家庭に2名で滞在する場合もございます。)ホストファミリーは当プログラムの趣旨に賛同し、日本からの生徒に自国の文化を知ってもらい、英語を学んでもらいたいという気持ちで、自分の家庭を自発的に開放してくれます。そういう気持ちを持った家庭数はホテルの部屋数のように確約できるものではございません。日本人1名で滞在することは英語漬けの環境で生活することができます。2名で滞在することは他の参加者と協力することで、より積極的な気持ちを持ってホストファミリーとのコミュニケーションを取ることができます。小学生・中学生コースは、1家庭に2名の滞在を前提にしています。(参加人数や男女比、および現地受け入れ機関の都合により、1名または3名1家庭になる場合もございます。)外国の家族と生活を共にし、お互いの国の文化・生活・習慣・物の考え方の違いを実際に体験し、相互の理解を深めることがホームステイの最大の目的です。, 部屋 開催日によっては、日本青少年海外研修研究会の方による講演や、過去ご参加された引率者にもお越しいただき体験談をお話しいただきます。, 当社では新型コロナウイルス感染拡大防止に関連し、募集説明会の実施を中止いたします。, 現地学校の日常を体験することは、通常の短期留学ではなかなかできないことです。日本の学校との違いを肌で体験してください。また、現地生徒・児童との交流やホームステイでの生活などを通じて、活きた英語に積極的に触れてください。, ホストファミリーや学校は皆さんの英語力は特に重視しておらず、その上で受入れています。身振り手振りでも積極的に話したり、一生懸命聞くことにより、相手も好意を示してくれるでしょう。ホストファミリーやバディと自己紹介や趣味、家族・友達のことなどを英語で話せる準備をしてください。家族や友達の写真を用意し、説明するのも話すネタになり有効です。, ホストファミリーの英語が分からない、自分の考えを上手く伝えられない場合でも、積極的な姿勢とやる気があればホストファミリーも時間をかけて話をしてくれるでしょう。逆に、自分の部屋に引きこもったり、遠慮して話しかけないでいると、ホストファミリーは「1人でいる方が好きなんだ」と解釈してしまいます。日本人とは違い、自分の意思や気持ちをはっきりと表現しなければ、理解してくれません。特にYESとNOははっきりと伝え、あいまいな返事をするのは控えましょう。, 研修企画:日本青少年海外研修研究会(Japan Council for Education Visits of Youth), 観光庁長官登録旅行業第300号 会社概要| お問い合わせ・地図|その他プログラム, 同行いたしませんが、各グループに引率者(現職教員または教員経験者)が1名同行いたします。, 同行いたしませんが、引率者(現職教員または教員経験者)が1名同行いたします。引率者は旅程管理を行いません。, 研修地域、体験入学校は、ご指定いただけませんので予めご了承ください。学年・性別・参加人数などにより決定し、6月上旬~中旬頃までに書面にてご案内いたします。, 申込書に第1希望から第3希望の旅行期間をご記入ください。学年・性別・参加人数などにより調整させていただく場合がございます。確定の旅行期間は5月下旬頃までに書面にてご案内いたします。, 研修地域、体験入学校は、シドニー、ブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズ、アデレード、パース、メルボルンの近郊または郊外となります。ご指定いただけませんので予めご了承ください。学年・性別・参加人数などにより決定し、6月上旬~中旬頃までに書面にてご案内いたします。, 成田または羽田発着となります。(発着地は同空港とは限りません。)発着地はご指定いただけませんので、予めご了承ください。, 1グループの人数は10~20名程度です。(募集状況によっては、多少前後する場合がございます。). 滞在家庭の子供や他の留学生とシェアする場合や、1部屋を1人で使わせてもらう場合もあります。(各家庭の事情により異なります。), 食事 今、このパンフレットを手にして興味を持ってページをめくっている皆さんは間違いなく自分の殻を破って世界への扉を開こうという情熱にあふれた若者です。もちろんそこに不安がないと言ったら嘘になるでしょう。新たなことへの挑戦に不安はつきものです。「自分の英語力で現地校の授業についていかれるだろうか」、「現地校生徒やホストファミリーとの会話は通じるかな?言いたいことを伝えられるかな?」、「周りの子はみな英語が得意で、自分だけ取り残されてしまうのではないか」、「日本全国から集まった知らない人と、うまくやっていかれるだろうか」など、次から次へ溢れ出すことでしょう。しかし心配や不安は100%かき消されます。現地校での授業、現地校生徒とのコミュニケーションの取り方、日本人同士の人間関係、そして何より一番多くの時間を共に過ごすホストファミリーとの関係・食生活や文化の違いなど、研修序盤は悩んでいた生徒も日を追うごとに現地の生活に慣れ、自身の考え方や捉え方に変化が表れ、オーストラリアでの生活を全身で楽しむ様子が見られるようになります。感情むき出しで接してくれる現地校生徒とは生涯の友情が芽生えることになるでしょう。この留学を成功させる一番のカギは「気持ち」です。「英語力」ではありません。皆さんは順応性、適応能力、無限の可能性にあふれています。勇気を出して最初の一歩を踏み出してみましょう。何事も「成功を導く最も大切なものは最初の一歩」だと言われます。オーストラリアは面積も人の器も大きな大きな大陸です。皆さんを家族の一員として迎え入れてくれる笑顔あふれる温かく友好的なファミリーが待っています。わたしたちグループリーダーも全力でサポートします。また反対にわたしたちグループリーダーも皆さんの日々のひたむきな努力や葛藤、そしてそれを乗り越えたところにある成長を見守ることができ多くの感動をもらえることに感謝しています。日本を誇りに思い、日本のことを自信を持って発信できる準備を整えて、わたしたちグループリーダーと一緒に、いざオーストラリアに飛び立ちましょう。, 過去にFEVプログラムの受入をしていただいた学校の一部を紹介します。(体験入学校は、記載の学校以外になる可能性もあります。), 立地:ブリスベンから西へ車で約2時間 中学生・高校生コースは、セカンダリースクール(日本の中学生以上が通う学校)に体験入学します。場所はシドニー、ブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズ、アデレード、パース、メルボルンのいずれかの近郊・郊外になります。小学生・中学生コースは、ブリスベン近郊・郊外の小学校に体験入学します。, バディ 家族の一員として暮らしてみれば、食事の準備や後片づけなどのお手伝いはじめ、何気ない日常会話、ちょっとした散歩の途中にも、旅行では味わえないリアルな海外を感じることができます。ホームステイは1週間から滞在ができますので、いずれはワーキングホリデーや留学を、と考えられている方も、下見がてらにホームステイ滞在はいかがでしょうか?ラストリゾート現地サロンのある4か国では、評判の良いホームステイ先を厳選しご紹介しております。, スペシャルホームステイは、現地オフィスが開拓したホームステイ先の中から、特に評判の良いホストファミリーを厳選してご紹介します。1日1時間(週5時間)の英語レッスンを実施、週に1度は観光地に連れて行ってくれるなど、特別な待遇で皆さんをお迎えします。ホストファミリーとの触れ合いをより多く求めている方におすすめのプログラムです。, 英会話教師の自宅に滞在しながらのプライベートレッスンは、英語学習にとっての理想的な環境です。週15時間のレッスンを中心とした生活のすべてが、英語力を鍛えるまたとない機会になります。もちろんレッスン以外の時間には、自由にショッピングやアクティビティを楽しむことができます。短時間で英語を磨き同時にホームステイを楽しみたい方におすすめです。, 親子で楽しむホームステイは、お子様の国際感覚を自然に育てる絶好の機会。 プログラムの運営をサポートするだけでなく参加者の相談、生活指導も行いますので、初めて1人で海外に行くという参加者の方でも心強いです。, オーストラリア(第38回)夏休み 引率経験者 江藤 照美先生 料金は地域や学校によって異なるが、1ヵ月オーストラリアでA$800~1,100(70,152円~96,459円)が相場。食事は通常朝夕2食付きが一般的。料金が含まれているとはいっても、深夜まで部屋の電気をつけっぱなしにすることは御法度。外国では省エネや質素な生活を心がけていることが多い。シャワーも手 … 学年:7年生~12年生(日本の中学1年生~高校3年生) 【21日間・帰国航空便・昼行の場合】朝19回、昼18回、夜19回 ※参加者だけの1クラスとなり、現地生徒・児童は原則参加しません。, 現地生徒・児童との授業参加 フレンドリーな親日家の多いオーストラリアでの短期留学。時差や治安など人気の理由から先輩留学生の体験談を通してメリット、費用、留学エージェントの選び方までオーストラリア短期留学を解説しま … そのため、FEVプログラムは多くの参加者の方と保護者の方からも“安心感のあるプログラム”とご好評をいただいております。 ※引率者は、旅程管理を行いません。, しっかり学べる!日本青少年海外研修研究会※による企画・運営 ホストファミリーとクリスマスを過ごしたり、年越しのカウントダウンを体験したり。小中学生・高校生が冬休み期間に参加できる1~2週間の冬休み短期留学のご紹介です。アメリカ・カナダ・ニュージーランド・オーストラリア など オーストラリア のホームステイ一覧. 知っていただきたい!という思いから、ラストリゾートではオンラインセミナーを開催しております。, 優しいホストファザーとホストマザー、可愛い二人の娘さんの4人暮らしです。家族の趣味は、ビーチへ行くことや、音楽、観光を楽しむ事です。, アウトドアがとても好きなファミリーです。ホストファザーは料理が得意でいつも美味しい料理を作ってくださります。お子さんはいつも元気でサッカーが好きです。, Dodファミリーは大変フレンドリーで素敵なご家族です。Tony, Lyn,Isaacと Lucyはカイトサーフィンやスタンディングペダルなどが趣味で、週末はよくビーチは遊びに出かけます。ダンスやサイクリングなども大好きなアクティブなファミリーです。両親は共働きで、子供たちは現在高校生です。. ホームステイとは、現地に住むホストファミリーと一緒に生活を共にすることです。ホストファミリーと料理を作ったり、ショッピングに行ったり、時にはパーティーなども開いたり、学校では学べない現地の生活を経験する事ができます。 オーストラリアのケアンズがホームステイや短期留学に特におススメな街である理由 2019/5/20 オーストラリア , 体験談 , 文化の違い 数ある英語を母国語にしている国の中でもオーストラリアをお勧めしたい! お世話になった方々に対する感謝の意味も含めて、さよならパーティーが行われます。踊りや歌、日本の文化紹介など何か披露するのが一般的です。, 現地の一般家庭にホームステイをします。ホストファミリーと交流し、海外の家庭における生活を通じて、海外の人々の暮らしぶりや文化などを体験的に学ぶことができます。, ホストファミリー 【14日間・帰国航空便・昼行の場合】朝12回、昼11回、夜12回 オーストラリア(ブリスベン)語学ランゲージ・スタディーズ・インターナショナル / ブリスベン 良心的な価格設定の小規模校。世界展開するLSIの学校なので安心 2. ホームステイの家族構成 オーストラリアのホストファミリーの家族構成は様々です。少子化で子供の少ない日本の家庭と違い、オーストラリアは子供が4,5人いる家庭もめずらしくありません。 体験談|Q&A | 引率者のアドバイス 優秀な教師陣の熱心な指導により、高い教育水準を維持しているカトリック系の幼稚園から高校までの一貫校です。安全な教育環境で面倒見の良い教育を行うことで生徒の能力を最大限に引き出していきます。インターネット環境、スポーツ施設も整っており、課外活動や特別行事が盛んです。オーストラリアの雄大な土地を感じながら学習ができます。, 18歳(ご帰国時のご年齢)の方は、体験入学校の年齢制限により受入できない場合があるため、ご希望の日程でご参加いただけない場合がございます。5月下旬頃までに書面にてご案内いたします。, お得な早割:4月24日(金)までにお申込みの方は12,000円引き(他の割引との併用不可), 国内空港施設使用料(成田発2,130円、羽田発2,670円)、国内空港旅客保安サービス料(成田発530円)、国際観光旅客税(1,000円)および海外空港諸税(目安9,100円~12,800円)が別途必要です。(2020年2月12日現在のものです。今後変更になる場合がございます。), オーストラリア入国許可登録(ETA)が必要です。当社にて代行を希望される場合は、旅行お申込み後にお申し出ください。(当社手続代行料金3,300円), 原則として先着順に受け付けます。ホームステイ先や体験入学校の受け入れ状況により、申込締切前に締め切ることがあります。, 利用航空会社によっては翌日の9:00~11:30発となります。 保護者各位 ※2020年夏休みは新型コロナウィルスの影響を考慮し、催行中止とさせて頂きました。, 43年の実績と経験でサポート!そのため満足度90%超※! 在籍する学生の半分以上が英語を母国語としておらず、約40種の国籍から成る、多文化な学校として高い評判を得ています。第二言語としてフランス語、イタリア語の他に日本語を教えています。授業は少人数で行われるため、教師の目が学生1人1人に行き届いた、アットホームな学校です。, 立地:シドニーから南へ車で約2時間30分 概要:私立共学 学年:幼稚園~12年生(日本の幼稚園~高校3年生) 現職の教員または教員経験者がグループリーダーとして引率します。現地コーディネーターと協力してプログラムの運営をサポートし、また参加者の相談、生活指導も行ないます。 コアラの保護区でもある、自然の豊かな環境に位置しているため、学校全体として動物の保護やリサイクル運動など環境保護の活動を積極的に行っています。第2言語として日本語を学んでおり、温かく協力的な環境で生活することができます。また、スポーツや音楽等の課外プログラムにも力を入れています。, 立地:シドニーから南へ車で約1時間30分 滞在はモーテル泊となる場合がございます。, HS=ホストファミリーにより食事が提供されます。(朝食・昼食は、滞在先にある食材を使って各自で用意する場合もございます。), 食事条件:【11日間・帰国航空便・夜行の場合】朝8回、昼7回、夜8回 「真実に従って生きる」をモットーにしているカトリック系の私立校です。日本語クラスを外国語教育の一環として開講しているため、日本文化への関心が高く理解が深い学校です。, 立地:シドニーから南へ車で約1時間30分 オーストラリアのホームステイ“3大費用” オーストラリアでのホームステイに必要な費用は、週あたりの「宿泊料」だけではありません。 どの都市に滞在しても、一般的なホームステイの手配には下記3つの費用が発生します。 青少年の国際教育交流・海外研修に対して豊富な経験を有する研究団体が企画・運営をする教育的意義の深いプログラムです。 短期ホームステイでの英語. 校内では、参加者に現地生徒がバディ(お友達)として付き、一緒に授業へ参加したり、休憩時間やお昼を共にし、学校生活をサポートいたします。, 英会話レッスン(ESL) 概要:公立共学 音楽、美術、家庭科、数学、体育、コンピューターなど様々で、日本語授業が行われている学校では授業に参加しお手伝いをすることもあります。 現地の先生による会話を中心としたカリキュラムのレッスンを行ないます。ホストファミリーや現地生徒とのコミュニケーションに活かせる英語、またオーストラリアの文化などを英語で学びます。 私のオーストラリアホームステイ 上西 佐知さん きっかけは? 異文化に触れてみたかったのと、結婚前に仕事の区切りがつき、大嫌いな英語に再度挑戦してみたいと思いました。 英語力は? 出発前は「トイレは何処ですか? オーストラリアに留学する際には、どれぐらいの期間なのかによって用意するビザも異なってきます。3ヶ月以内の短期留学、3ヶ月以上の長期留学でそれぞれどのような違いがあるのでしょうか。 (全て機内食はこの回数に含みません。), ★1 シドニー、ブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズ、アデレード、パース、メルボルンのいずれか, 成田空港施設使用料(2,130円)、成田空港旅客保安サービス料(530円)、国際観光旅客税(1,000円)および海外空港諸税(目安9,100円)が別途必要です。12歳未満の方も大人料金が適用されます。(2020年2月12日現在のものです。今後変更になる場合がございます。), HS:ホストファミリーにより食事が提供されます。(朝食・昼食は、滞在先にある食材を使って各自で用意する場合もございます。), プログラムの特徴、内容、現地での様子などについて、留学カウンセラーから詳しくご案内いたします。 hisのお得な留学&ホームステイ情報満載。学生さんはもちろん、社会人の方、熟年層でも参加可能なプログラムやパッケージ留学をご用意。留学経験がない方も安心!留学の先輩の体験談も満載! ※夏休みコースアンケート結果から算出, 教員経験者が引率※!だから安心感のあるプログラム ホームステイと言うのは短期にしても長期にしても、主に「英語や文化を学習する」と言う事を目的としている事は言うまでもありません。 そのため、「1ヵ月のホームステイで英語は身に付きますか? 21世紀の進行につれて、国際社会はこれまでの秩序を失いかけているかの観を呈しています。片や、かつて新興国と呼ばれた国々の若者は、今、世界の舞台の中心に躍り出て、社会やビジネスを動かし始めています。あらためて、現在のわが国には明治維新以来もっとも人材が求められています。国を代表し世界と渡り合える人材が今の日本には必要なのです。豊かな国際体験をもつ若者を育成するために、当プログラムは40年を超える実績と経験を活かし、その使命を果たしてゆく所存です。, オーストラリアの学校(公立または私立)に通い、現地生徒と交流ができるプログラムです。日本の学校との違いを肌で感じ、生きた英語に触れる良い機会となります。, 体験入学をする学校 概要:私立共学 留学カウンセラーがあなたの短期留学(プチ留学)・ホームステイを一貫サポート。一人一人のニーズに合わせて最適なプランをご提案。無料セミナーも全国各地で開催中。資料請求、個別カウンセリング24時間予約対応。短期留学なら信頼と実績のwish(ウィッシュ)へ。 1977年にアメリカ・カリフォルニア州におけるホームステイで始まり、43年の実績と経験に基づく充実した内容のプログラムです。オーストラリアの学校体験入学&ホームステイは、1982年から実施をしており39年目を迎えます。春休み、夏休みあわせて10,000名以上の方々にご参加いただいています。, FEVプログラムの意義 学年:Preparatory(入学準備学級)~Year 6(日本の小学6年生) オーストラリア・ゴールドコーストで英語脳を体験できる「英語教師宅ホームステイ」を提供します。忙しいあなたを応援して「英語+ホームステイ+観光」を1週間で体験できルプランです。先生が一緒に近場観光しながらプライベート英会話レッスンで英語脳を体験できるのはここだけです! ホームステイ滞在期間中の朝食・昼食・夕食は、ホストファミリーに用意するようお願いしています。朝食・昼食は、滞在先にある食材を使って各自で用意する場合もございます。また、外食時は各自で費用をご負担いただく場合もございます。, 滞在期間中に、エクスカーション(観光)が実施され、各地域の有名な観光場所を訪ねることができます。行き先は各コースの日程表にてご確認ください。 概要:公立共学 1. オーストラリア留学時のホームステイ・学生寮(シェアハウス)。地域は、シドニー、ゴールドコースト、メルボルンのご家庭をご案内しています。ジャパセンのホームステイでは、日本人好きのご家庭が多く、現地の生活リズムで、英語や文化を学べます! 概要:公立共学 海外留学情報センターのオールシーズンズはアメリカ、カナダ、オセアニアの留学、ホームステイをお手伝いしています。幼児からシニアまで幅広いプログラムと安心のサポートをご提供致します。 緊急時には、近畿日本ツーリストグループの海外ネットワークを活かしてフォローいたします。近畿日本ツーリストは、オーストラリアに4つ、ニュージーランドに1つの事務所があり、現地係員は日本語での対応も可能です。, 近畿日本ツーリストグループの株式会社ユナイテッドツアーズと日本青少年海外研修研究会による企画・運営で実施されている留学プログラムです。