more. 鳩間島の宿はシンプル! 鳩間島は小さな島なので観光するには一日あればじゅうぶんです。 ただし自然たっぷりの島の本当の魅力は夜に発揮されるので宿泊したほうがたっぷり楽しめます。 私が泊ってきた民宿のおすすめポイントを紹介します。 バンガロー形式のそれぞれ別棟の宿(2人まで) 中央にはユンタクー場があり賑やかさもある。 食事は離れですが海が目の前に広がる絶景の場所にあり一層楽しめます。棟が離れているのでプライベート重視な方にはいいかも。女子にも安心 B¦. 【マイルに交換できるポイントも貯まる!】マイトウゼの格安プラン検索&宿泊予約ならカカクコムグループのフォートラベル。予約サイト複数社からマイトウゼの一括料金比較&予約が可能! 鳩間島の宿: ペンションマイトウゼ 食事の場所と宿泊する場所が違うペンション。宿泊する場所は集落の中にあり、海辺の食事場所で朝昼晩の食事をすることになる。 鳩間島の海を見守る、小さな灯台. 鳩間島唯一のペンションタイプの宿です。集落内にある部屋はすべて個室。夕食は、日が暮れる頃、部屋から徒歩5分ほどの海辺のかやぶき小屋に移動します。波の音を聴きながらのお酒と食事は気分最高で … ただ宿と食事をする場所が離れているので利便性にやや難あり。でも食堂では無線lanでインターネット接続もできるみたいなので、客室は寝る以外は使わないかも?離島の民宿に慣れていない方は、鳩間島ではこのマイトウゼさんが一番無難だと思います。 見る. 島の南部に唯一広がる集落に、39人(2017年3月現在)の住民が素朴な暮らしを営んでいます。島内には、派手な観光スポットこそありませんが、ちょっとした見所が点在しています。イチオシは「鳩間島灯台」のある島中央部の丘陵「鳩間中森」。 素朴な島にある、素朴な宿です。宿のおじさんも素朴です。貨物船で鳩間港に着くと、数台の軽自動車が停まっていて、それぞれに「マイトウゼのかたはこちら~」とか「青空荘で~す」といってるのに、まるだいの人はみあたりません。 ①マイトウゼ. 鳩間島の民宿です。室内は禁煙、清潔。海と星空を満喫しながらの食事をご用意。別棟に自炊施設を完備します。長期滞在可。 基本情報: 宿名 民宿 マイトウゼ 住所 〒907-1544 沖縄県八重山郡竹富町鳩間46 TEL 0980-85-6166 FAX 0980-85-6166 客室数 9室 (団体様向け一棟貸しも有り) 料金 3食付 … マイトウゼは鳩間島南部に位置する鳩間港からほど近くにあるバンガロー形式のペンションです。徒歩5分ほどでお食事処にアクセスすることができ、ペンションからは海を一望することができる絶好のロケーションなんです。 鳩間島の民宿です。室内は禁煙、清潔。海と星空を満喫しながらの食事をご用意。別棟に自炊施設を完備します。長期滞在可。 鳩間島灯台. 港には島にしては結構な人数がいて、僕が乗ってきた船に乗り込んで行きました。 確か宿の迎えが来ているはずなのですが看板を手に持っている人もいないので、それっぽいと思われるおじぃに声をかけたら当たりでした。 「ペンション マイトウゼ」へ 鳩間島の民宿です。室内は禁煙、清潔。海と星空を満喫しながらの食事をご用意。別棟に自炊施設を完備します。長期滞在可。 基本情報: 宿名 民宿 マイトウゼ 住所 〒907-1544 沖縄県八重山郡竹富町鳩間46 TEL 0980-85-6166 FAX 0980-85-6166 客室数 9室 (団体様向け一棟貸しも有り) 料金 3食付 … 38 were here. more. ペンションマイトウゼに貸別荘がオープン (2006.03.29) (鳩間島通信より許諾を得て転載) ペンションマイトウゼでは、これまでのバンガロー形式の宿泊施設に加え、新たに4月1日よりグループ旅行者向けの長期滞在型貸別荘の営業を開始いたします。 地図を見る. お泊りと食事が別の場所になっているのが特徴。 食事は宿から少し離れた、海辺の「シーサイドマイトウゼ」で海を眺めながら。食堂の2階はテラスになっていて星空観測ができます。 2月くらいは石垣島から定期船で渡る島々の中でも、鳩間島と波照間島は海が荒れて決行しやすいことで知られています。今回、行きは鳩間島に普通に辿り着けたのですが、帰りの船が欠航してしまいました。ただし、帰る方法が完全に絶たれる訳ではありません。 ペンションとなっていますが他の口コミにあるように、部屋は寝るためだけの簡素なプレハブ小屋みたいな感じです。部屋の引き戸がスリガラスなのですが、カーテンなどがないため外から見ると中で人が動いている様子が丸見えになるため着替えに苦労しました。が、日中はみなさん海に出かけている方がほとんどなので気にするようなことでもないのかもしれません。シャワーとトイレがキャンプ場にあるようなタイプで当然屋外なので夜はちょっと怖いです。。朝一の便で向かい到着後すぐ昼食の用意していただき、夕食、次の日の朝食と計3食頂いて¥5,500だかで料金を考えると十分な内容だったと思います。ご主人はあまり喋らないけどにこにこしてかわいいおじいちゃんて感じ。奥さんは一日中台所で食事の支度をしていて働き者だなぁと・・客層は長年通っているリピーターの一人旅の方がほとんどで、私は一泊でしたが島に留まって長期間宿泊している方が多いようです。鳩間島は船も欠航しがちで情報があまりないため行きにくい島ですが、夜の満点の星や絵の具を撒いたような綺麗な海の色、かわいい野良ヤギもたくさんいて癒しという目的なら八重山の中でも最適だと思いますので機会があればぜひ行ってほしい島のひとつですね。, 事前に予約を入れ、当日は午前中に高速船で港に到着したのですが、他の宿はみな迎えが来ていたにもかかわらず、私達の宿だけは誰も迎えに来てくれませんでした。同じ宿の利用客と思われる数名と港で暫く一緒に待ったのですが、誰も来る気配を感じなかったので、近所の人に聞いたところ、「今日は朝から島の小学校の運動会に行っているので、宿に行っても恐らく誰も居ない」とのことでした。なので宿の場所を聞き、しばらく歩いてようやく宿に到着したのですが、やはり誰も居ませんでした。このまま待っていても仕方ないので、近所の民宿で自転車をレンタルし、2時間ほど島内散策をして時間を潰しました。数時間後、宿の女将さんが現れ、ようやくチェックインしたのですが、「ここは食堂なので、宿泊棟は別の場所にある」とのことで、徒歩で5分ほど坂を上ったプレハブ造りの棟へ案内されました。内装は木目調の壁紙が貼ってある、一見すると山小屋風のプレハブ小屋で、簡易ベッドが2台とクーラー(100円/60分)のみの、かなりシンプルな造りです。トイレとシャワーは共用で、小屋を出て一番奥にありましたが、夜中にトイレに行くたびに蚊と格闘、あわせてセミがあちこちで「ジー!ジー!」と鳴きまくるので虫嫌いの妻がギャーギャー喚いて大変でした。また、冷蔵庫や洗面所、簡易テーブルも共用で、その都度部屋から出ないといけないので大変でした。そんなこんなでセミなどの虫の鳴き声が夜通し響き渡っているので、虫嫌いの人はかなり厳しいと思います。朝食と夕食は港近くにある食堂でとる形式なので、その都度食堂まで5分ほど歩いて行きますが、目の前が海でとても気持ちが良かったです。, 食堂と宿泊棟が離れていて、私が泊まったのは宿から数分離れたプレハブ風の建物でした。部屋の中は簡易なベッドがあるだけで、ほんとうに寝るだけのための空間です。敷地の中に、洗面やシャワーの施設があります。食事は海に面した建物に移動し、風と光を感じながらいただきます。夜はそのまま食堂にいて、みんなとおしゃべりし、星が出るころには地面に転がって、ずっと眺めていました。そう簡単に行ける場所ではないですが、またいつか行きたいなと思います。, 以前(だいぶ前ではあるが)はプレハブの独立型コテージ?しかなかったが一棟貸などもできるようになった(こちらは未宿泊だがきれいらしい)。プレハブが囲む中央(外)にテーブルや冷蔵庫・洗面所がありトイレシャワーは奥にある。すべて共用。泊まる時によってきれいだったりそれほどでもなかったりマチマチだが場所柄を考えれば仕方なし、という範囲ではある。清潔感を重視する人には向かないかもしれない。食堂は部屋のある場所からは離れ、海が目の前の別棟でいただくことになる。不便な離島ではあるが、色々と工夫された料理で問題ない。多くはないが、まあ適量であろう。この食堂の2階部分から眺める景色はすばらしい。晴れた日にここにいると時間を忘れる。, 弊社サイトの現バージョンは、日本の日本語の利用者を対象としています。 別の国や地域にお住まいの場合は、ドロップダウンメニューから、国または地域別のサイトを選択してください。 詳細, 口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。, ペンションとなっていますが他の口コミにあるように、部屋は寝るためだけの簡素なプレハブ小屋みたいな感じです。, 旅館は、通常はふとんが用意された和室の伝統的な宿泊施設を意味します。多くの旅館は、公衆浴場 (通常は「温泉」) と伝統料理で知られています。 このタイプの宿泊施設では、24 時間、年中無休の対応は保証されません。. 客室も食堂も綺麗に改築されていますが、創業は実に1983年という、鳩間島では老舗宿のマイトウゼ。「若い頃、生まれ育ったこの島を離れ、東京で働いていましたが、1982年に戻り、翌年宿を始めました。 38人がチェックインしました - 鳩間島の民宿です。室内は禁煙、清潔。海と星空を満喫しながらの食事をご用意。別棟に自炊施設を完備します。長期滞在可。 写真:離島 こむ. 「「鳩間島旅」旅 その4 ペンションマイトウゼの夕飯は海の目の前で、星空を見ながら」ページ。「ISLAND TRIP」は、いづやん(izuyan)が運営する島と旅の情報、観光やオススメのTIPSを提供するサ … 料金を考えると十分な内容の宿 - ペンションマイトウゼ(竹富町)に行くならトリップアドバイザーで口コミを事前にチェック!旅行者からの口コミ(4件)、写真(4枚)と竹富町のお得な情報をご紹 … ペンションマイトウゼ ペンションマイトウゼ 波の音を聴きながら食事を楽しめる人気宿. ペンション マイトウゼ: 鳩間島唯一のペンションタイプの宿です。集落内にある部屋はすべて個室。夕食は、日が暮れる頃、部屋から徒歩5分ほどの海辺の藁葺き小屋に移動します。波の音を聴きながらのお酒と食事は気分最高ですよ。 木陰が気持ちよい、鳩間島で一番広いビーチ. 泊まる. 沖縄県の西表島のすぐそばにある鳩間島は、人口40人弱の小さな島です。有名観光地ではない鳩間島には開拓されていない、自然のままの場所やビーチが数多く存在します。そんな鳩間島で7月の終わりから豊年祭が始まります。鳩間島の紹介と共にお伝えします。 ペンションマイトウゼ バンガロー形式のペンション. 島で人気の宿。すべての部屋にコインクーラー付き。夕食は宿泊所から離れた食堂で、美しい浜を目の前にしながらいただける。 ペンション マイトウゼさんはどんな宿? 各部屋が個室になっている宿です。食事は離れとなっている食堂でいただきます。鳩間島は小さな島で人口も少ないため、飲食を専門とするお店がありません。そのため民宿は三食付となります。 Copyright(C)2001-2021 RITOU.COM All rights reserved. <ペンション マイトウゼの基本情報> 住所 竹富町鳩間46 電話 0980-85-6166. ペンションマイトウゼ. 鳩間島の観光情報が満載!魅力あふれる沖縄離島の観光をご紹介いたします。 ... 賑やかな宿、出会いの宿、オープンテラスのユンタクーの賑やかさはトップクラスかも。 ... ペンションマイトウゼ. ƒyƒ“ƒVƒ‡ƒ“ ƒ}ƒCƒgƒEƒ[‚̃Nƒ`ƒRƒ~‚ð‘S‚ÄŒ©‚é, uƒyƒ“ƒVƒ‡ƒ“ ƒ}ƒCƒgƒEƒ[vî•ñ‚ð1ƒy[ƒW‚ÅŒ©‚é. トップページ > ペンションマイトウゼ. 鳩間島. この宿は、宿泊する場所と食事の場所が異なります。宿泊する場所は集落の中にあり、食事は海沿いの屋外(シーサイドマイトウゼ:屋根有り)で朝昼晩と頂くことになります。 海を見ながら、潮騒の音を聞きながら、風に吹かれながらの食事となります。