結論からいうと、個人的には擬音語(特に、擬態語)は使用しても良いと思います。 ただし、多用する癖や読者からの指摘があれば、即座に使用を中止した方が良いでしょう。 擬音語がもたらす、最大の問題点は「文章を拙くみせてしまうこと」です。以下、例文です。 上の例文を読んでいただければ、お分かりいただけるかと思うのですが。小説の文章で擬音語を用いると、なんともお粗末な印象を読み手に与えてしまうのです … 小説執筆に役立つツールをまとめてみました。 文章の傾向分析、推敲補助など、小説を書くときに利用できる便利ツールを集めました。 みなさまの創作ライフのお役に立てれば幸いです。随時 … 心に残る名言・名詞・名文. The rest of me is mare appendix. 名文に関するkommunityのブックマーク (32) 6/1に行われた「動物はおかずだデモ」の声明文、過激派ヴィーガンへの違和感を見事に文章化した名文であると話題に - Togetter 12_まとめ・ピックアップ. 版権切れになった古い書籍を電子データ化して保存、無料公開しているサイト Project Gutenberg (プロジェクト グーテンベルク)の中から、赤毛のアンや小公女、ハックルベリー・フィンといった、日本でもよく知られている子供向けの小説、世界の名作児童文学作品(英語)各ページへ … 海外文学と世界史は密接に関係しています。当時の社会情勢、政治的背景が思想につながり、文学は思想を中心として描かれます。独立を中心として思想も移り変わるアメリカ文学を、時代ごとに追ってみます。 名文に関するkommunityのブックマーク (32) 6/1に行われた「動物はおかずだデモ」の声明文、過激派ヴィーガンへの違和感を見事に文章化した名文であると話題に - Togetter スポンサーリンク ほっそりとした冬の鳥のように. 小説の書き出しで名文及び興味深いものを中心にまとめていきます。(このサイトで取り上げた小説のみを対象にしています), 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。, 山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。, 死のうと思っていた。ことしの正月、よそから着物を一反もらった。お年玉としてである。着物の布地は麻であった。鼠色のこまかい縞目が織りこめられていた。これは夏に着る着物であろう。夏まで生きていようと思った。, 私は、その男の写真を三葉、見たことがある。一葉は、その男の、幼年時代、と言うべきであろうか、十歳前後かと推定される頃の写真であって、その子供が大勢の女のひとに取りかこまれ、(それは、その子供の姉たち、妹たち、それから、従姉妹たちかと想像される)庭園の池のほとりに、荒い縞の袴をはいて立ち、首を三十度ほど左に傾け、醜く笑っている写真である。, 或日の暮方の事である。一人の下人が、羅生門の下で雨やみを待っていた。広い門の下には、この男の外に誰もいない。唯、所々丹塗の剥げた、大きな円柱に、蟋蟀(きりぎりす)が一匹とまっている。羅生門が、朱雀大路にある以上は、この男の外にも、雨やみをする市女笠や揉烏帽子が、もう二三人はありそうなものである。それが、この男の外には誰もいない。, 禅智内供の鼻と云えば、池の尾で知らない者はない。長さは五六寸あって、上唇の上から顋(あご)の下まで下っている。形は元も先も同じように太い。云わば、細長い腸詰めのような物が、ぶらりと顔のまん中からぶら下っているのである。, 幼時から父は、私によく、金閣のことを語った。私の生れたのは、舞鶴から東北の、日本海へ突き出たうらさびしい岬である。, 私がこの世でいちばん好きな場所は台所だと思う。どこのでも、どんなのでも、それが台所であれば食事を作る場所であれば私はつらくない。, ものうさと甘さが胸から離れないこの見知らぬ感情に、悲しみという重々しくも美しい名前をつけるのを、わたしはためらう。その感情はあまりに完全、あまりにエゴイスティックで、恥じたくなるほどだが、悲しみというのは、わたしには敬うべきものに思われるからだ。, アレクセイ・フョードロウィチ・カラマーゾフは、今からちょうど一三年前、悲劇的な謎の死をとげて当時たいそう有名になった(いや、今でもまだ人々の口にのぼる)この郡の地主、フョードル・パーヴロウィチ・カラマーゾフの三男であった。この悲劇的な死に関しては、いずれしかるべき個所でお話しすることにする。, えたいの知れない不吉な塊が私の心を終始圧えつけていた。焦燥と云おうか、嫌悪と云おうか──酒を飲んだあとに宿酔があるように、酒を毎日飲んでいると宿酔に相当した時期がやって来る。それが来たのだ。これはちょっといけなかった。, 「おい地獄さ行ぐんだで!」二人はデッキの手すりに寄りかかって、蝸牛が背のびをしたように延びて、海を抱え込んでいる函館の街を見ていた。──漁夫は指元まで吸いつくした煙草を唾と一緒に捨てた。, 正確に言えば書き出しでは無いが、本文の前に書かれている言葉。人の愚かしさが分かる。, 山椒魚は悲しんだ。彼は棲家である岩屋から外に出てみようとしたのであるが、頭が出口につかえて外に出ることができなかったのである。, さびしさは鳴る。耳が痛くなるほど高く澄んだ鈴の音で鳴り響いて、胸を締めつけるから、せめて周りには聞こえないように、私はプリントを指で千切る。, クラスメイトであった山内桜良の葬儀は、生前の彼女にまるで似つかわしくない曇天の日にとり行われた。, 誰かの祈りで目が覚める。不穏なひびが斜めに入る天井を見上げる。わたしはどこにいるのだろう。部屋はまだ薄暗く、壁は濃い灰色だ。, 青い空がどこまでも続いていた。湧き起こる白い入道雲のはるか上には、真夏の太陽が燃えていた。見上げる国岡鐡造の額に汗が流れ、かけていた眼鏡がずれた。シャツもべっとりと汗が滲んでいたが、暑さは微塵も感じなかった。, どこにもいけないものがある。さびついたブランコ、もういない犬の首輪、引き出しの奥の表彰状、博物館に飾られた骨格標本、臆病者の恋心、懐かしい夜空。, 我が槍は 光る枝角 恐れを知らぬ 不羈の角背には 我が子 低く構えし この角は 弱き命の盾なるぞ……, 落ちぶれたコメディアンが、病に冒されたバレリーナを励ましている。「人生に必要なもの。それは勇気と想像力と、ほんの少しのお金さ」, 居酒屋を始めるなら冬がいい──米の研ぎ汁の中で白く透けていく大根の茹で具合を確かめながら、美音は父の言葉を思い出す。, 森の匂いがした。秋の、夜に近い時間の森。風が木々を揺らし、ざわざわと葉の鳴る音がする。夜になりかける時間の、森の匂い。, 彼のことを、私と息子は博士と呼んだ。そして博士は息子を、ルートと呼んだ。息子の頭のてっぺんが、ルート記号のように平らだったからだ。, コンビニエンスストアは、音で満ちている。全てが混ざり合い、「コンビニの音」になって、私の鼓膜にずっと触れている。(中間の文章を省略しています), 晴天というのは不思議なものだ。こんなふうに、朝から雲一つない文句なしの晴天に恵まれていると、それが最初から当たり前のように思えて、すぐそのありがたみなど忘れてしまう。, 僕がまだ年若く、心に傷を負いやすかったころ、父親がひとつ忠告を与えてくれた。その言葉について僕は、ことあるごとに考えをめぐらせてきた。「誰かのことを批判したくなったときには、こう考えるようにするんだよ」と父は言った。「世間のすべての人が、お前のように恵まれた条件を与えられたわけではないのだと」, なんたる失態だ……私は慨嘆した。釈明の余地のない失態である。いや、私に問題があるのではない。環境の罪である。だいたい私のような勤勉・実直を絵に描いたような青年内科医が、冒頭から釈明の余地のない失態に追い込まれるくらいであるから、その環境の劣悪さも想像がつくであろう。, かれは年をとっていた。メキシコ湾流に小舟を浮べ、ひとりで魚をとって日をおくっていたが、一匹も釣れない日が八十四日もつづいた。, 僕が六歳だったときのことだ。「ほんとうにあった話」という原生林のことを書いた本で、すごい絵を見た。猛獣を飲み込もうとしている、大蛇ボアの絵だった。, 澪が死んだとき、ぼくはこんなふうに考えていた。ぼくらの星をつくった誰かは、そのとき宇宙のどこかにもうひとつの星をつくっていたんじゃないだろうか、って。そこは死んだ人間が行く星なんだ。, それはまるで、独楽の芯のようにきっちりと、ど真ん中に突き刺さっている。東京の中心に。日本の中心に。ボクらの憧れの中心に。, ある朝、グレゴール・ザムザが気がかりな夢から目ざめたとき、自分がベッドの上で一匹の巨大な毒虫に変ってしまっているのに気づいた。, ドアノブをつかむ。氷を握ったように冷たい。その冷たさが、もう後戻りできないと告げているみたいに思えた。. すっぱいかりんも吹きとばせ 小説で1番衝撃的だった一文ってこれだよな ... >>115 草枕やね 名文中の名文. 2020.11.23. 「また同じ夢を見ていた(住野よる)」の名言・台詞まとめました 2017.02.23 2020.11.29 「人間失格(太宰治)」の名言・台詞まとめました 書き出し小説とは、書き出しだけで成立したきわめてミニマムな小説スタイルである。 書き出し小説大賞では、この新しい文学を広く世に普及させるべく、諸君からの作品を随時募集し、その秀作を紹介し … 9マス×6行の「正方形の原稿用紙」に収められた「54字の物語」は、短いからこそ「意味がわかるとゾクゾクする」究極の短編小説として、いまTwitterをはじめとするSNSで話題になっていま … どっどど どどうど どどうど どどう, それでいながら、序盤~中盤は現実的な描写が続くので、読者は幻想と現実の間で揺さぶられ続けます。, このように幻想と現実を織り交ぜる手法は宮沢賢治の得意とする手法ですが、そのことがよく分かる冒頭です。, 隴西の李徴は博学才穎、天宝の末年、若くして名を虎榜に連ね、ついで江南尉に補せられたが、性、狷介、自ら恃むところ頗る厚く、賤吏に甘んずるを潔しとしなかった。, 「r」「k」「t」「s」の子音が心地よく、何度でも口に出して読みたくなる一文になっています。, ほとんどが青空文庫で読める作品なので、もし面白そうだと思ったものがあれば、ぜひ読んでみて下さいね。, 25才。近代文学が好き。 日本の文学作品をあなたはどれくらい読んでいますか?小説を普段読まないという方も一冊読めば次々読みたくなるほど、日本の文学作品は名作揃いです。日本文学のおすすめの名作をランキング形式でご紹介します。短編小説も多くありますので是非読んでみて下さいね。 つまり良い文章を書くには、まずはダーーー!っと書く。 そしてその後で調整する、というわけです。 どんな名文筆家もイッパツで綺麗な文章は書けないようですよ。 つまりなろう小説とは「読む抗うつ薬」と言っても過言ではないでしょう という訳で本題に戻りここ数年のなろう小説の名文を紹介していきたいと思います。基本的には過去に話題になった作品からピックアップしているので、メジャーなものが多いです と、幸子はきいた。, 『細雪』の冒頭で特徴的なのは、主軸となる3人の登場人物が一気に出てきているという点です。, セリフから始めることで説明的になりずぎるのを防ぎ、自然な感じで登場人物を紹介しています。, ちなみに「こいさん(小娘さん)=末娘」は大阪の言葉で、物語は大阪の4姉妹が軸となって進んでいきます。, 禅智内供の鼻と云えば、池の尾で知らない者はない。長さは五六寸あって上唇の上から顋の下まで下っている。形は元も先も同じように太い。云わば細長い腸詰のような物が、ぶらりと顔のまん中からぶら下っているのである。, たとえ非現実的な話でも、「知らない者はない」という一文を冒頭に持ってくることで、皆が認知していることを強調し、現実感を増しています。, 続けて鼻の形容を具体的にまくしたてることで、変な「鼻」をフィクションの中のノンフィクションとして、読者にイメージさせることに成功しています。, 1寸は3cmなので、禅智内供の鼻は15cm~18cm。ありえない話ですが、それがたまらなく面白い物語です。, メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐の王を除かなければならぬと決意した。メロスには政治がわからぬ。メロスは、村の牧人である。笛を吹き、羊と遊んで暮して来た。けれども邪悪に対しては、人一倍に敏感であった。, 「メロスは激怒した」という一文、簡単なメロスの人物説明、激怒した理由。これらが冒頭でまとめられていることで、メロスの人物像を簡単に知ることができます。, ちなみに『走れメロス』のラストは「勇者は、ひどく赤面した。」であり、始めと終わりがきれいな対比になっています。, えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧えつけていた。焦躁と言おうか、嫌悪と言おうか――酒を飲んだあとに宿酔があるように、酒を毎日飲んでいると宿酔に相当した時期がやって来る。それが来たのだ。, この暗く陰鬱な雰囲気に対して、タイトルの「檸檬」という果物からイメージされる特徴は正反対。, どっどど どどうど どどうど どどう はがきの名文コンクール わたしの願い(はがきの名文コンクール実行委員会,文芸・小説,nhk出版,電子書籍)- 「はがきの名文コンクール」は、はがきに書いた200字以内の願い事の内容と文章を対象に秀作を顕彰するコンクール。「一言の願いであればなんで… 時代小説は難しいイメージですが、名作といわれる時代小説になると、気軽に読めてグイグイとその世界に引き込まれていきます。ここでは、時代小説が苦手な方や、初めて読む方にも読みやすいおすすめの時代小説を10冊ご紹介しています。 小説の書き出しに注目すると、作家たちが創作に込めた工夫とテクニックが見えてくるもの。「定番ネタ」にひねりを加えた書き出しから、「そんなのアリ ! 「氷菓」は、2001年に刊行された米澤穂信による推理小説。 何事にも消極的な「省エネ主義」を信条とする「折木奉太郎」は、姉の勧めで入部した古典部にて好奇心旺盛な少女「千反田える」と出会う。千反田の好奇心を発端として、折木は古典部のメンバーと共に日常の中の様々な謎 … まとめ:名文に近道なし、書いてから削ろう. I am a brain, Watson. ?」と唸ってしまうような反則テクまで、冒頭文の書き方を一挙にご紹介! シャーロック・ホームズの名言まとめ【英語+日本語訳】 When you have eliminated the impossible, whatever remains, however improbable, must be the truth. 小説の冒頭部分で『あ~良いかな』と思わない限り、なかなか読む気になりません。ありきたりなものも、いかにも小説っぽい(?)ものも苦手です。かと言って奇をてらったものもダメなんです。加えて日本の小説で気に入った作品を見つけ 「雪子ちゃん下で何してる」 鏡の中で、廊下からうしろへ這入って来た妙子を見ると、自分で襟を塗りかけていた刷毛を渡して、其方は見ずに、眼の前に映っている長襦袢姿の、抜き衣紋の顔を他人の顔のように見据えながら、 国として世界最古の歴史を持つ、日本。その長い歴史の中で、様々な文学作品が生まれてきました。そこで今回は、日本を代表する主な古典文学作品を一覧でご紹介したいと思います。作家、文豪人物年表|日本文学山月記、羅生門、こころ日本の古典文学一覧日本の 小説とは異なり、挿絵を多用することでキャラクターや世界観のイメージがはっきりしています。 ライトノベルとは若者向けの娯楽小説のことで、sfやファンタジー、恋愛などのジャンルがメインです。 日本の文学作品をあなたはどれくらい読んでいますか?小説を普段読まないという方も一冊読めば次々読みたくなるほど、日本の文学作品は名作揃いです。日本文学のおすすめの名作をランキング形式でご紹介します。短編小説も多くありますので是非読んでみて下さいね。 117: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:07:24.58 ID:+rrgTjUT 小説の魅力的な書き出しを紹介してきた。 ... 坂口安吾の名言・名文. 『門』(もん)は、夏目漱石の長編小説。1910年に「朝日新聞」に連載され、翌年1月に春陽堂より刊行された。 『三四郎』『それから』に続く、前期三部作最後の作品。 親友であった安井を裏切って、その妻である御米と結婚した宗助が、罪悪感から救いを求める様を描く。 つまり良い文章を書くには、まずはダーーー!っと書く。 そしてその後で調整する、というわけです。 どんな名文筆家もイッパツで綺麗な文章は書けないようで … 小説の書き出しまとめました. 長編小説。 1897年から5年間に渡って新聞に連載された。 幸田露伴 「五重塔」 中編小説。 1891年秋から4カ月に渡って新聞に連載。 二葉亭四迷 「浮雲」 長編リアリズム小説。 森鷗外 「舞姫」 短編小説。 1890年発表。 西ドイツのベルリンが舞台。 海外文学と世界史は密接に関係しています。当時の社会情勢、政治的背景が思想につながり、文学は思想を中心として描かれます。独立を中心として思想も移り変わるアメリカ文学を、時代ごとに追ってみ … 前編では阿部公彦さんの『小説的思考のススメ』の「おわりに」と第7章の冒頭を少しだけご紹介しました。いよいよ後編で志賀直哉「流行感冒」の本文に入っていきます。前編はこちらから。 「流行感冒」という短編は、タイトルの通り、流行感冒が鍵となって進む物語です。 この記事では、小説の名文冒頭を紹介していきます。文豪11名の11作品を簡単な解説付きでまとめました。「美しい日本語に触れたい」「有名な小説の冒頭を知りたい」という方は参考にしてみてください。 ライトノベル小説書き出しのポイント ・冒頭からドラマ性を見せる ・キャラの魅力を前面に ・世界観の羅列はng ライトノベル小説の書き方で重要なことはたくさんですが、そのひとつが「冒頭の書き出し」です。 創作歴60年の筒井康隆が満を持して執筆した、『文学部唯野教授』実践篇とも言うべき一冊。「小説」という形式の中で、読者の想像力を遥かに超える数々の手法と技術を試してきた筒井康隆だからこそ書ける21世紀の文章読本、『創作の極意と掟』。文庫化にあたり、単行本刊行時に発 … ジャンル : 海外文学 > 幻想文学で検索した結果、156件見つかりました。1件目から10件目までを表示しています。 ダフォディルの花 夜の舞・解毒草 言葉の守り人 イヴのことを少し 蝶を飼う男 怪奇骨董翻訳箱 死者の饗宴 不気味な物語 夢 名文模写って文章上達に効果あるの?おすすめの書き写し法+手本5種【無料あり】 ... こういった情報をまとめています。 ... コラムならコラム、小説なら小説のジャンルでお手本となる文章を探しましょう … 『草枕』(くさまくら)は夏目漱石の小説。1906年(明治39年)に『新小説』に発表。 「那古井温泉」(熊本県 玉名市 小天温泉がモデル)を舞台に、作者・漱石の言う「非人情」の世界を描いた作品である。 「山路(やまみち)を登りながら、こう考えた。 青いくるみも吹きとばせ 国として世界最古の歴史を持つ、日本。その長い歴史の中で、様々な文学作品が生まれてきました。そこで今回は、日本を代表する主な古典文学作品を一覧でご紹介したいと思います。作家、文豪人物年表|日本文学山月記、羅生門、こころ日本の古典文学一覧日本の 小説の書き出しは、読者の興味を引く上で大事なポイントです。名作の書き出しは得てして後世に語り継がれ、フレーズとして有名になるほどの名文が多いもの。小説を書こうと思ったけれどいきなり筆が止まってしまった方や、有名作品の書き出しを知りたい方のために、名作小説の書 … 小説・文学・シナリオ・脚本 | 公募情報カテゴリ | 公募・コンペ・コンテスト情報の「公募ストック」あなたのクリエイティブを活かして、お金や賞品をゲットしませんか? 公募ストックは、イラスト、キャラクター、絵本、デザイン、ロゴ、ポスター、キャッチコピー、愛称、小説、文 … ?」と唸ってしまうような反則テクまで、冒頭文の書き方を一挙にご紹介! 名言等のまとめ. 『告白~三島由紀夫未公開インタビュー』から三島由紀夫さんの言葉を紹介していきます! 三島由紀夫さんの名言『言葉というものが小説のメチエで、マテリアルだ』 ベスター「三島さんの文学と現在のほかの日本の文学と比較した場合、ご自分で、こういうところに大きな違いがあると … 彼女が一枚ずつ服を身にまとっていく様は、ほっそりとした冬の鳥のように滑らかで無駄な動きがなく、しんとした静けさに充ちていた。 ボイスサンプルを録音したり、表現や発声・滑舌の練習に使えそうな文章を、名作小説から抜粋してまとめてみました。物語の全体像を把握してから朗読できるよう、全て短編作品から抽出しています。 ぜひ元の小説も読んでみてくださいね。 青空文庫さんのサイトはこちらです。 まとめ. 『草枕』(くさまくら)は夏目漱石の小説。1906年(明治39年)に『新小説』に発表。 「那古井温泉」(熊本県 玉名市 小天温泉がモデル)を舞台に、作者・漱石の言う「非人情」の世界を描いた作品である。 「山路(やまみち)を登りながら、こう考えた。 タイトルそのままですので特にリードに書くことがなく、現在非常に困っているのですが、今回は「小説の中でグッときたフレーズ」をご紹介する企画です。 小説に限らずとも、映画の台詞や音楽の歌詞で忘れられない、思わず口ずさんでしまうような大好きなフレーズ、みなさんにもあ … 山路を登りながら、こう考えた。 時代小説は難しいイメージですが、名作といわれる時代小説になると、気軽に読めてグイグイとその世界に引き込まれていきます。ここでは、時代小説が苦手な方や、初めて読む方にも読みやすいおすすめの時代小説を10冊ご紹介しています。 まとめ:名文に近道なし、書いてから削ろう. There is no one who knows the higher criminal world of London so well as I do. 恋愛名言集は心に響く「恋愛」の名言を集めた総合サイト。数ある名言まとめサイトの中でも恋愛の分野で日本No.1です。恋愛で悩んでいるとき、泣きたいとき、くじけそうなときに、自分を奮い立たせてくれる、勇気をくれる名言集です。 ライトノベル小説書き出しのポイント ・冒頭からドラマ性を見せる ・キャラの魅力を前面に ・世界観の羅列はng ライトノベル小説の書き方で重要なことはたくさんですが、そのひとつが「冒頭の書き出し」 … 読書の秋。せっかくですから、ここは普段手に取るような本ではなく、歯ごたえのある純文学にチャレンジしてみては? 東大で文学研究をしていた編集者・加勢犬(かせい・けん)さんに「書き出し」でフォーカスした“ガチな”セレクトを依頼しました。 「また同じ夢を見ていた(住野よる)」の名言・台詞まとめました 2017.02.23 2020.11.29 「人間失格(太宰治)」の名言・台詞まとめました この本は読みたいですね! 早速、図書館で借ります。 心を打たれる文句ってありますよねえ。今読んでるクンデラの「存在の耐えられない軽さ」にもそういうのがあったので失礼ながら紹介しますと、、、、、、 はがきの名文コンクール わたしの願い(はがきの名文コンクール実行委員会,文芸・小説,nhk出版,電子書籍)- 「はがきの名文コンクール」は、はがきに書いた200字以内の願い事の内容と文章を対象に秀作を顕彰するコンクール。「一言の願いであればなんで… つまりなろう小説とは「読む抗うつ薬」と言っても過言ではないでしょう という訳で本題に戻りここ数年のなろう小説の名文を紹介していきたいと思います。基本的には過去に話題になった作品からピックアップしているので、メジャーなものが多いです 前編では阿部公彦さんの『小説的思考のススメ』の「おわりに」と第7章の冒頭を少しだけご紹介しました。いよいよ後編で志賀直哉「流行感冒」の本文に入っていきます。前編はこちらから。 「流行感冒」という短編は、タイトルの通り、流行感冒が鍵となって進む物語です。 智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。, 『草枕』は芸術論の物語なので、冒頭から言葉のリズムを大切にしたことがうかがえます。, 石炭をば早や積み果てつ。中等室の卓のほとりはいと静にて、熾熱燈の光の晴れがましきも徒なり。今宵は夜毎にこゝに集ひ来る骨牌仲間も「ホテル」に宿りて、舟に残れるは余一人のみなれば。, 石炭を早くも積み終わって、いつもは賑やかな場所が今はひっそりと静かだ、という様子が描かれています。, 始めに石炭を積むという動作を持ってくることで、後の”ひっそりとした様子”が一層際立っています。, 木理美しき槻胴、縁にはわざと赤樫を用いたる岩畳作りの長火鉢に対いて話し敵もなくただ一人、少しは淋しそうに坐り居る三十前後の女、男のように立派な眉をいつ掃いしか剃ったる痕の青々と、見る眼も覚むべき雨後の山の色をとどめて翠の匂いひとしお床しく、, 独特なリズム感のある文体で、このまま一段落400字ほどを一息に駆け抜ける冒頭です。, 五・七・五という風に決まった言葉数ではないのですが、後になればなるほど読んでいて心地が良くなってきます。, 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。, 「あった」「なった」「止まった」という脚韻も、読み手を物語にグッと引き込んでいきます。, タイトルとも呼応しているので、読んですぐにどんな物語かが分かるところも良いですね。, 愉快いな、愉快いな、お天気が悪くって外へ出て遊べなくっても可いや、笠を着て、蓑を着て、雨の降るなかをびしょびしょ濡れながら、橋の上を渡って行くのは猪だ。, 「猪だ」という表現はもちろん比喩ですが、愉快そうな主人公の気持ちと相まって、とても不思議な感じがします。, 「こいさん、頼むわ。―――」 2017.11.09 2018.07.22. 9マス×6行の「正方形の原稿用紙」に収められた「54字の物語」は、短いからこそ「意味がわかるとゾクゾクする」究極の短編小説として、いまTwitterをはじめとするSNSで話題になっています。 お知らせ 掲載コンテスト等の実施予定について(参加時は必ず公式ホームページをご確認ください) いつも「登竜門」をご利用いただきありがとうございます。 ... 作者が見つけた名言や名詞、名文だと思うものをチマチマ書き込んでいきます。更新は不定期です。 読んでくれた人の心に何かが残れば幸いです。 2019.12.16. 文学作品の感想&解説記事、読書アイテムや読書法などを書いています。 My name is Sherlock Holmes. 本を読みながら生活するのが夢。. 小説の書き出しに注目すると、作家たちが創作に込めた工夫とテクニックが見えてくるもの。「定番ネタ」にひねりを加えた書き出しから、「そんなのアリ ! 小説の書き出しで名文及び興味深いものを中心にまとめていきます。(このサイトで取り上げた小説のみを対象 … 小説とは異なり、挿絵を多用することでキャラクターや世界観のイメージがはっきりしています。 ライトノベルとは若者向けの娯楽小説のことで、sfやファンタジー、恋愛などのジャンルがメ … 2021.1.22更新〜随時更新中! 文豪の名言・名文から明るい前向きな気持ちで生きよう 小説を読んでいると思わず目が留まってしまう 「心に響く一文」 こういう一文に出会うことってありませんか? 私も一冊に1つくらいは、心に響く一文、お気に入りの一文に出会います。 2021.1.22更新〜随時更新中! 文豪の名言・名文から明るい前向きな気持ちで生きよう 小説を読んでいると思わず目が留まってしまう 「心に響く一文」 こういう一文に出会うことってありませんか? 私も一冊に1つくらいは、心に響く一文、お気に入りの一文に出会います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー(ブレイディみかこ)」の名言・台詞まとめました. お知らせ 掲載コンテスト等の実施予定について(参加時は必ず公式ホームページをご確認ください) いつも「登竜門」をご利用いただきありがとうございます。 小説の書き方 2019.06.30 2020.06.11 葛史エン 【11のラノベ新人賞】ライトノベル作家を目指す人への一覧まとめです。 R2-3PO 翻訳だし名文とは違うかもだが、、ペット・セマタリーの息子が事故死した直後の「実は嘘だったのだ」で始まる所は凄いと思う。 小説以外の名文としては坂口安吾の続堕落論の「嘘をつけ×3」周辺を挙げる。 book