2009/8/1. Schubert, Franz:Sonate für Klavier Nr.19 c-moll D 958, 1828年9月、シューベルトは体調をくずし、兄フェルディナントのもとへ身を寄せた。死のわずか2ヶ月前のことである。しかし彼の創作意欲は衰えず、最後の3つのピアノ・ソナタを一気に生み出した。第19番はその1作目にあたる。そして10年後の1838年に、ディアベリ社から「シューベルト最後の作品。3つの大ソナタ」として、第20、21番と共に出版された。作曲家はJ・N・フンメルへ献呈するつもりであったが、出版の前年に当の受取人が没したため、出版社の判断でシューマンに献呈されることになった。, ベートーヴェンのピアノ変奏曲WoO80を意識したことは、第1楽章冒頭から明らかである。前年に没した偉大なる先輩に対するオマージュであろうか。, 第1楽章:アレグロ、ハ短調、3/4拍子。ソナタ形式。冒頭主題がベートーヴェンのピアノ変奏曲WoO80によく似ている。全体的にも、シューベルト特有のやわらかな響きは少なく、厳しく不気味な雰囲気に占められている。コーダ部分でも再びベートーヴェンを想起させる。, 第2楽章:アダージョ、変イ長調、2/4拍子。ベートーヴェンの《悲愴》ソナタと同じように、変ホ長調のやさしい主題で始まり、そしてまた翳りをみせる。転調も頻繁である。, 第3楽章:メヌエット。アレグロ、ハ短調、3/4拍子。比較的穏やかな楽章。メヌエット部とトリオ部の対比も強くはない。だがその分、フィナーレの躍動感が生きてくるだろう。, 第4楽章:アレグロ、ハ短調、6/8拍子。ソナタ風ロンド形式。タランテラのような快速楽章。他にも舞曲のようなリズムを感じさせる生き生きとしたフィナーレである。, Copyright 1996-2019 PianoTeachers' National Association of Japan. 23ポイント(1%) 明日中1/16 までにお届け. シューベルト: ピアノ・ソナタ 変ロ長調 d 960/ヘンレ社/原典版 . ピアノソナタ第21番 変ロ長調 d 960 は、フランツ・シューベルトが1828年9月に作曲したピアノソナタ。 この曲は作曲者晩年のピアノソナタ3部作(ハ短調、イ長調、本作)の最後を締めくくり、また、作曲者の生涯最後のピアノソナタである。 曲の構成 これまでのソナタにおける3楽章制とは一転して4楽章構成であり、シューベルトはこのソナタ … シューベルト : ピアノ・ソナタ全集. シューベルト ピアノソナタ ... 楽曲解説 - ピアノソナタ 第11番 ヘ短調 第1楽章 アレグロ . 編著者: 編・注解・運指:ハワード・ファ-ガス … シューベルト: ピアノ・ソナタ集 第2巻/ヘンレ社/原典版 . シューベルト : ピアノ作品集 (Franz Schubert - Piano Works - / Gerhard Oppitz) [12CD] [輸入盤] [日本語帯・解説付]が室内楽・器楽曲ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 解説 (1) 1828年9月、シューベルトは体調をくずし、兄フェルディナントのもとへ身を寄せた。. まるで青い空に昇っていくかのような透明で感動的な音楽です。解説付(ワーナーミュージック・ジャパン) 【収録情報】 シューベルト 1.ピアノ・ソナタ ト長調 作品78 D894《幻想》 第1楽章 モルト・モデラート・エ・カンタービレ 2.ピアノ・ソナタ ト長調 作品78 D894《幻想》 第2楽 … シューベルト/ピアノ・ソナタ全集 第1集(解説付) (180091/全音ピアノライブラリー/難易度:★★★★★) . 2009/8/1. 『ピアノソナタ第21番変ロ長調』D960は、 フランツ・シューベルト の最晩年である1828年9月に作曲されたシューベルト生涯最後のピアノソナタ。4 4楽章から成る。 晩年のシューベルトは原因不明の病に苦しんでいた。1 ピアノ・ソナタ 第10番 D 613 ハ長調/Sonate für Klavier Nr.10 C-Dur D 613 - シューベルト - 総説本作品にまつわるシューベルトの自筆資料としては自筆の下書きが遺されており、「1818年4月」との記載がある。未完成の2つの楽章を含んだこの自筆譜において特筆すべきは、以下の2点であ … ジャンル名: ピアノ教本・曲集. 1817年5月の作品。この年は、3月にも1曲、また6月にも2曲、7月の断片のみのソナタに加えて8月にも1曲を生み出すという、まさにピアノ・ソナタの年であった。第5番は3つの楽章が … シフ(アンドラーシュ) 、 シューベルト. しかし彼の創作意欲は衰えず、最後の3つのピアノ・ソナタを一気に生み出した。. ピアノソナタ第17番 ニ長調 作品53 D 850 は、フランツ・シューベルトが1825年に作曲したピアノソナタ。 翌1826年に出版されており、オーストリアにある温泉地 バート・ガスタインで作曲されたことから『ガシュタイナー(Gasteiner) 』の通称で親しまれている。 楽譜 ¥3,999 ¥3,999. 定価: 3,300円(税込) サイズ: 菊倍. ピアノ・ソナタ 第20番 D 959 イ長調/Sonate für Klavier Nr.20 A-Dur D 959 - シューベルト - シューベルトのピアノ・ソナタの中でも1,2を争う人気の作品。死のわずか2ヶ月前、シューベルトが体調をくずしながらも一気に書き上げた3つのピアノ・ソナタの2作目にあたる。 緩徐楽章のない3楽章制ソナタ。そこにd 506のアダージョがあてはまるとする説がある。シューベルトらしい穏やかさをみせる第1楽章に始まり、充実した和音にスケルツァンドなリズムをのせる第2 残り3点(入荷予定あり) ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集(完全生産限定盤) 小菅 優. シューベルトの中間期の作であり、作曲家としてはわずか12年程度の創作人生しかない中での数少ない完成されたピアノソナタの一つで、翌1826年にピアノソナタとしては初めて出版された。. 本日はd784の「楽曲解説」の第1回である。-----シューベルト初の「循環ソナタ形式」のピアノソナタ=d784この曲の「楽曲解説」を読む度に「不思議」に感じる。最も大切なことが書かれていないからだ。それは、 「循環ソナタ形式」のピアノソナタであることに全く触れられていないこ … 楽譜 ¥2,310 ¥2,310. 5つ星のうち5.0 2. 死のわずか2ヶ月前のことである。. ピアノソナタ第20番 イ長調 d 959(遺作) シューベルト(1797年~1828年)の晩年の1828年の作品。不死鳥の如くあらわれた 3つのピアノソナタ。 実は、ベートーヴェンが1827年3月に亡くなったとき、シューベルトは変わった言葉を口に出していた。 CD Amazon's Choice シューベルト ピアノソナタ用. 5つ星のうち4.8 7. シューベルト・ショックとでも言うべき鮮烈な体験の後、私は、田部京子の演奏するピアノ・ソナタ第13番を聴き直しました。するとどうでしょうか、以前の「わからない」という感想は一体何だったのかというほどに深い感銘を受けました。そして、このシューベルトの音楽を心の底か … シューベルトが晩年の1827年頃に作曲したピアノ独奏曲 ピアノソナタ第21番 変ロ長調 シューベルト生涯最後のピアノソナタ。鉄腕アトムの主題歌も登場? 交響曲 未完成交響曲 第3楽章のスケッチまで残された未完の交響曲 交響曲「ザ・グレート(グレイト)」 概要. Schubert, Franz:Sonate für Klavier Nr.10 C-Dur D 613, 本作品にまつわるシューベルトの自筆資料としては自筆の下書きが遺されており、「1818年4月」との記載がある。未完成の2つの楽章を含んだこの自筆譜において特筆すべきは、以下の2点である。1つ目は、作曲を中断した箇所である。シューベルトは未完作品において、基本的に形式区分の末尾で筆を置くことが多く、具体的には展開部末や再現部冒頭で作曲を中断することが多い。それに対して本楽曲の第1楽章では、まだ同じ五線紙の下部分に空きがあるにもかかわらず、展開部の半ばにあるロ音上の属七和音で、未解決のまま筆が置かれている。2つ目は、冒頭楽章とは別のもう一つの楽章に速度標語が欠けているため、中間楽章か最終楽章か判別がつかない点である。ただし当該楽章の形式やテクスチュアは最終楽章のそれを示唆しており、これまでのシューベルト研究においても、中間楽章より最終楽章と考える見方が一般的である。, 本ソナタの緩徐楽章として、ホ長調のアダージョD 612を補う見解もある。このアダージョが本ソナタと同じ1818年4月に作曲された点、アダージョの主題が第1楽章の展開部(第87小節~)の主題と相似している点、アダージョのホ長調が、第1楽章の作曲が中断されたロ音上の属七和音の解決する調である点などは、両者の密接な関係性を示しているように見える。その一方で、アダージョの自筆譜にはタイトル、作曲日、作曲者のサインが書かれており、シューベルトはこれらをソナタの中間楽章に書き込む習慣がなかったという事実は、両者が一つのソナタとして構想された可能性を否定する。また、自筆譜に用いられた紙の透かし調査によると、アダージョD 612とソナタD 613に用いられた紙は、似ているものの同じではないという結果が出ているため、どちらの説にとっても決定的な証拠とはならない。, なお本楽曲は、『新シューベルト全集』に基づくベーレンライター版では通し番号のない補遺として扱われ、マルティーノ・ティリモ校訂によるウィーン原典版では第11番という通し番号が与えられている。, ソナタ形式を取るが、主調領域と属調領域の間に三度調を挟み、提示部の緊張をなくすという後年のシューベルトに典型的な構造をもつ(詳細はピアノ・ソナタ第21番D 960の解説を参照)。, 第1主題は静かなハ長調で始まり、12小節の主題が2回変奏される(第14小節~、第25小節~)。第1主題領域は、属調の属和音であるニ音上の属七和音へと向かい(第39小節)、属調での第2主題を予期させるが、実際には変ホ長調で第2主題が提示される(第41小節)。第62小節で再び現れたニ音上の属七和音に導かれ、第68小節からト長調で第3主題となる。ただし、この主題はホ短調へと逸脱するため、ト長調が確定するのは第78小節からのコーダとも呼べるセクションへと先送りされる。, 展開部は変イ長調で始まり(第87小節)、第3主題のように、十六分音符の装飾的な伴奏と長い音価の旋律からなる。ヘ短調を経て変ニ長調へと転じると、第3主題の冒頭動機が繰り返し用いられる(第102小節)。ヘ短調を経て再び変イ長調に回帰した後、転調の真っ只中で解決しないまま、第121小節で筆が途切れている。, 上述の通り、自筆の下書きには速度標語が欠けているが、動的な8分の6拍子からはアレグレットが想定されよう。本楽章も、大枠では第1楽章と同じようなソナタ形式を取っている。, 第1主題領域はハ長調を取る。8小節の主題のあと、ホ短調の旋律が中間部のように現れ、シューベルトに典型的な長短調のせめぎ合いが見られる(第14小節)。冒頭主題が主調で回帰して、第1主題領域を閉じる。第1主題領域が三部形式を取る点は、冒頭楽章のソナタ形式より中間楽章の形式や最終楽章のロンド形式に近似している。, 第1主題領域に続き、ファンファーレ風のハ短調の楽節が力強く鳴り響く(第32小節)。この楽節が変ホ長調で繰り返され(第36小節)、移行部を挟んで変イ音に辿り着くと、それを異名同音で嬰ト音と読み替え、第2主題領域がホ長調で提示される(第47小節)。この穏やかな第2主題がひとしきり続くと、ハ長調(第65小節)を蝶番としてト長調がほのめかされる(第68小節)。完全終止を経て、ト長調で第3主題兼コーダが現れて提示部を閉じる。このように、冒頭の主題と提示部を締めくくる主題の間に三度調が挟まれる構造は、第1楽章と相似する。, 展開部は変ホ長調で始まる。変ニ長調(第105小節)のセクションを挟み、第121小節でト長調が現れると、ハ長調での再現が予示される。自筆譜には第126小節から左手の記載がなくなり、第134小節の第1音であるト音(再現部の第1音と考えられる)が書かれたところで筆が置かれている。, Copyright 1996-2019 PianoTeachers' National Association of Japan, を補う見解もある。このアダージョが本ソナタと同じ1818年4月に作曲された点、アダージョの主題が第1楽章の展開部(第87小節~)の主題と相似している点、アダージョのホ長調が、第1楽章の作曲が中断されたロ音上の属七和音の解決する調である点などは、両者の密接な関係性を示しているように見える。その一方で、アダージョの自筆譜にはタイトル、作曲日、作曲者のサインが書かれており、シューベルトはこれらをソナタの中間楽章に書き込む習慣がなかったという事実は、両者が一つのソナタとして構想された可能性を否定する。また、自筆譜に用いられた紙の透かし調査によると、アダージョD 612とソナタD 613に用いられた紙は、似ているものの同じではないという結果が出ているため、どちらの説にとっても決定的な証拠とはならない。, ソナタ形式を取るが、主調領域と属調領域の間に三度調を挟み、提示部の緊張をなくすという後年のシューベルトに典型的な構造をもつ(詳細は. 通常配送料無料. ページ数: 207. 5つ星のうち4.5 2. このシューベルトの遺作と言ってもいいピアノソナタ。ピリスの演奏の他は聴けない。シューベルトが乗り移って語っているようである。気を抜ける箇所などどこにもない。第1楽章は、シューベルトらしく柔らかく優しく語りかけてくる。死を受け入れ悟りに至った心境を。第2楽章 … 出版社: 全音楽譜出版社. シューベルトのピアノソナタは、簡単そうに聞こえて、なかなか~つかまえどころのない楽曲である。 暗くて~ 嫌だっ というのが、昔からイメージにあって、はっきり言って苦手である。 そのなかでも、まだ明るい、親しみやすい13番を聴いてみようと思ったのだが・・・。 少女のよう … そして10年後の1838年に、ディアベリ社から「シューベルト最後の作品。. 明日中2/3 までにお届け. ピアノソナタ第4番 イ短調 作品164 d 537 は、フランツ・シューベルトが1817年に作曲したピアノソナタ。 中間楽章の美しい主題が後年の大作(第20番)に応用されるなど、作数の多い大家の創作過程を研究する上で欠かせない。 曲の構成. 前作よりも少ない全3楽章。 シューベルト ピアノソナタ ... 楽曲解説 - ピアノソナタ 第5番 変イ長調 第1楽章 アレグロ・モデラート . 第19番はその1作目にあたる。. シューベルトというと、音楽の教科書に載っている「魔王」や「ます」の曲のイメージが強いと思います。 モーツァルトやベートーベンのように、一般的に知られているピアノソナタはないのですが…(←失礼。) あの大人気漫画「のだめカ・・・