この記事のまとめ・追納はおすすめしない・なぜなら,基本的に今の制度のままなら追納した方が長い目でみて圧倒的に得だが,将来には損になっている可能性があり,微妙だから・国民年金制度自体はよくできている・追納は10年さかのぼってできるので,すぐに スポンサーリンク 子どもが払えない国民年金保険料を親が払うと贈与にならず. 学生の間に、国民年金は払うべきなのでしょうか? 学生の間は今が一番大切な時期のように思えて、勉強や生活を充実させることに精一杯になってしまいます。 けれども学生でいられるのはつかの間のことですし、将来への不安は尽きません。学生の間に払わない 学生の間は今が一番大切な時期のように思えて、勉強や生活を充実させることに精一杯になってしまいます。, 将来の備えである国民年金を払うべきなのは分かっていても、学生の間は経済的には難しいですよね。, そこで、学生の間に払わない場合の影響や学生特例措置の利用など、気になることについてまとめてみました。. 国民年金の保険料は定額 であり、在学中も卒業後も変わりません。. ・税金:利益に20%課税(復興税は無視), このように年利4%で運用すると仮定すれば、最終的に65歳時点で1,780,313円のお金が手元に残ります。一方で、学生時代の猶予保険料2年分を追納すれば将来の年金は年間39,005円増加します(先ほどのセクション参照)。, この点、「1,780,313円÷39,005円=約45.6年」ですから、自分で資産運用することにより45年分の老齢基礎年金額と同じ金額の自分年金が作れたという事になります。, ちなみに日本人の平均寿命は「男性:80.98歳、女性:87.14歳(参考:平均寿命と平均余命)」です。以上より、人によっては追納せずに自分で運用した方がお得になる可能性があることが分かりますね。, しかし、運用には不確実性が伴います。公的年金という確実な手段に託すのか、自分で資産運用するのかはよく考えてから判断して下さいね!, ここまで、追納することを前提に話を進めてきましたが、実際には追納せずとも満額の国民年金を受け取る方法もあります。, いずれも60歳以降に利用できる制度で、上手く利用すれば追納をする必要がなくなります。, それぞれの制度の詳細は「「国民年金の任意加入被保険者とは?」及び「厚生年金の経過的加算とは?【記事未了】」を参照してください。, 長々と書いてきましたが、結局のところ「追納するか否か」「いつ追納するのがお得か」はあなたが公的年金をどう考えるかや現在の所得状況等によって変わってきます。将来的には受給開始年齢の引き上げや給付カット等も予想されますしね。, 今回の記事を見返しながら、自分にとって最もしっくり来る方法はどれなのか?じっくりと考えてみてください。, ちなみに筆者は、目先の節税効果を重視して「社会人になって余裕が出来た時に一気に払ったタイプ」です。, 「年金のまなびば」は、FP・社労士・税理士などの専門家が「正しい年金情報を提供すること」「読者の方の金融リテラシーの向上」を目的として運営しています。, 大学卒業後、10年以上会計事務所に勤務。その過程で、様々な労使間問題に遭遇。労使双方のサポートを専門家として行っていきたいという想いから、社会保険労務士の資格を取得・開業。. 20歳になったら加入しなければならない国民年金。子供が20歳になったけれど、まだ学生なので自分で年金保険料を払えない場合、親が代わりに払えば節税になるのをご存じでしょうか? 今回は、親が子供の国民年金保険料を払って節税する方法を説明します。 「学生だった」「収入が少なかった」などの理由で、年金保険料を支払っていない時期があった方もいらっしゃいますよね。そのとき支払えなかった年金保険料を、あとから納付することができる「追納(ついのう)」という制度があります。追納した方がお得なのか、解説します。 学生が国民年金保険料を払うことができない時「学生納付特例」を利用して納付を猶予してもらわずに親が代わりに国民年金保険料を払う方法があります。親が子どもの国民年金保険料を支払うと、社会保険料控除され節税になります。親が払って子が受け取っても贈与税の対象にならな … ・利率:4%の複利(利率の算定根拠【記事未了】) 子供(学生)の国民年金は親のp-oneカード(ピーワンカード)で. 学生納付特例の申請書って意外に難しいですよね。 「ところどころ分からない部分があって手が止まってしまう!」という人も多いのではないでしょうか... 確定拠出年金の運用方針や運用商品選びはとても大切です。 しかし、最初にしっかり考えて決めたとしても、時間が経つにつれて運用状況や資産のバラン... 年金事務所に予約なしで相談しに行ったら2時間待ちと言われて諦めた・・・ これ、筆者の実体験です。とにかく年金事務所窓口の混雑は凄いです。 確... 最近、「老後貧乏」「下流老人」という言葉をよく聞くようになりました。 その実態はどうなのでしょうか。以下のグラフをご覧ください。 (画像出典... 「貯金もあまり無いし、国民年金だけだとこれからの老後生活が満足に生きていけない!」 そんな悩みを抱いている方も多いでしょう。 多くの方にとっ... 国民年金の早割制度とは、前納制度の1種で、本来翌月末日に納付すべき保険料を口座振替により当月末日に納付することにより毎月50円の割引が受けら... 国民年金保険料は毎年改定されていますが、令和元年度(2019年4月~2020年3月まで)の保険料は月額16,410円となっています。(令和2... 「年金を貰える年齢なのに、請求するのを忘れていた!」 「障害年金や遺族年金を貰えることを、そもそも知らなかった!」 今まで年金の保険料をせっ... 学生時代に払っていない国民年金は払うべきか?追納前にチェックしておきたい事まとめ。, 学生時代に猶予(学生免除)されていた国民年金保険料を払ってないなぁ。追納制度を利用して払ったほうが良いのかな?. 国民年金の支払いは年末調整・確定申告の対象 忘れずに手続き. 愛車精神は社員一同に徹底させており、お客様のお荷物を運ぶトラックをきれいにしております。 また、保有車両も4tトラックが中心ではありますが、大型トラックも保有しており、日本全国に24時間体制でお客様のご要望にお応えする体制を保っております。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); まず、学生の間に何の対策をせず国民年金を払わないという選択は避けたほうがいいと思います。, 年金をすべての期間(20歳~60歳までの40年間)払えば年間約78万円受け取れますが、仮に2年間の未払いがあった場合は約74万円と、将来受け取る年金には約4万円の差が出てきます。, 障害基礎年金は診断を受ける以前に3分の1以上の未納期間がないことが受給資格条件です。, もし学生の間2年間未払いであったならば、その後すぐ保険料を払い続けても最低でも4年間は受給資格を得られないということになります。, 2018年現在では、3ヶ月以下の滞納には年利で2.6%、それ以降では8.9%の延滞金を加算しなければなりません。, しかし、学生の間に毎月16900円の保険料を払うのは大きな負担となりますから、保険料を猶予してもらえる「学生特例措置」の制度を利用しましょう。, 払わなかった保険料の支払いは10年間延期できますので、4年制大学を22歳で卒業する場合で考えれば大体30~32歳くらいまでに年金を納めなおすことが出来ます。, 学生特例措置を使えば延滞金を支払う必要はありませんし、受給資格期間を得ることも出来ます。, 受給資格期間とは、納付を延期しても年金未納期間として扱わず、最低納付期間の10年間の中にカウントできることを言います。, しかし、学生特例措置は保険料免除=全く払わないでよいという訳ではないので、保険料を納付したことにはなりません。, もらえる年金の額を減らしたくない場合は、学生の期間が終わった後、納付が猶予されている10年の間に年金を追納することも可能です。, 仮に平成30年4月~平成32年3月までの2年の間保険料納付を延期し、その後追納に必要な額は16,900円(平成30年4月からの保険料額)×2=405,600円となります。, 40万円超となると、まとまった額としては払うのをためらってしまいそうですが、追納は1ヶ月分ごとに分納できますので月々の保険料と一緒に少しずつ払うことが出来ます。, 追納分は所得控除の対象となるので、ある程度まとまった金額を追納すれば節税効果が期待できます。, 社会人になってから勉強することは難しくなりますので、やはり学生のうちはお金を稼ぐことよりも学ぶことのほうが大切です。, 学生のうちは特例制度を使うことで免除は可能ですが、社会人になってから追納するかどうかなど学生のうちにしっかり計画を立てることが必要ではないでしょうか。, 国民年金とどのように付き合って行くのか、少しでも頭の片隅に入れておけば迷ったときにも良い決断が下せるはずです。, 国民年金は現代の長寿社会を生きる私たちを支える制度ですから、これからも大切にしていきたいですね。. 国民年金の納付書が届き、毎月約1万6千円の支払いに悩んでいる方もいらっしゃると思います。 特に学生の方には少ない金額ではありません。 この記事では、そもそも年金は払うべきか、払うとしたらできるだけ賢い払い方はできないのか、具体例を用いて、説明しま … 学生時代は収入がないために、国民年金保険料を未納にしていた方もいるのではないでしょうか。今回は学生時代に国民年金保険料未納の方が将来の年金を有利にする方法がないか考えてみた … 年金って払うべきだろうけど、払い損になるのは嫌だという人へ 国民年金の料金って結構負担になる。 ちなみに2018年現在では月額16,490円。 では次に、大学生が 国民年金に関して毎月支払う金額 を見ていきます。. 年金の学生免除制度「学生納付特例制度」を利用することで、学生時代の保険料の納付が免除されます。年金の学生免除制度のデメリットは、追納しないと老齢基礎年金の金額が減ってしまうことが挙げられ、メリットは学生の間は国民年金を支払わずに済むこと、もしもの場合に障害年金 … 大学生の子どもが20歳になると国民年金の通知が届きます。学生納付特例を申請して猶予してもらうことができますがこれにはデメリットも。親が払うという選択肢もあります。何も手続きをしないとデメリットが大きいのでどちらかの結論を出しましょう。 学生時代の保険料が未払いの場合の対応方法などをご紹介。「学生納付特例制度」を使っていても年金額が減る可能性があるため注意が必要です。 | お金のこと、暮らしのこと…疑問一つひとつに、fp(ファイナンシャルプランナー)が回答! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 大学、短期大学、高等学校、高等専門学校、専修学校および各種学校、一部の海外大学の日本分校のうち、いずれかに在学していること(夜間・定時制・通信制などを含む). 学生時代、国民年金保険料の免除の申請を行いました。期間は5年間ほどです。将来、年金が支払われる時、加入期間には入れてくれますが、免除期間分の金額はその分計算上差し引かれ、満額支給でないのは承知しています。それでお聞きした ・運用期間:43年(大学卒業後22歳から65歳まで。売却は最終年度。) 「国民年金は学生でいるうちから支払わなければならないのですか?」20歳が近づくと、国民年金の納付書が届き、毎月約16000円の支払いを要求されますね。ただ、大学や専門学校に在学中の学生にとっては決して小さな金額ではありません。この記事では、 20歳になってから概ね2週間以内に「 国民年金加入のお知らせ(pdf 369kb)」、「国民年金保険料納付書」、「国民年金の加入と保険料のご案内(パンフレット)」、保険料の免除・納付猶予制度と学生納付特例制度の申請書、返信用封筒が送付されます。 国民年金の加入は20歳以上の大学生も対象です。「学生なんだし、国民年金を払うべきか」なんて悩み未納になっていませんか? 保険料納付の猶予を受けられる「学生納付特例制度」や、親が年金保険料を負担すると節税メリットを受けられるお得な支払い方法を紹介します。 「大学生は収入がないんだから、国民年金の保険料は自動的に免除されている」と思っていませんか?それは大きな勘違いです。大学生であっても20歳以上であれば国民年金の保険料を納付する義務があります。その大きな勘違いが、将来の年金額にどんな影響を与えるかを計算してみま … 大学生が払うべき金額はいくらか. 日本では国内に住む20歳以上のすべての人が国民年金に加入し、保険料を支払うことが義務になっています。これは学生も例外ではありません。ただし、収入が少なく国民年金…(2020年5月29日 5時0分34秒) 20歳になると国民年金の支払いが始まります。大学生の場合、学業が本文ですので本人が支払う場合はかなりの負担になります。今回は、「大学生の国民年金の支払をどうしているのか」の情報を集めました。親が負担するか、免除手続きをするか、迷っている方は参考になさってくださ … 保険料は年々上がっていますが、 平成31年度は月額16.410円 であり 年間だと196,920円 となっています。 学生のときに学生納付特例を使って年金の支払いを免除してもらっていた人は多いと思いますが、その後10年以内であれば追納できるのをご存じでしょうか? 追納すれば将来貰える年金額が増えて、長生きすればするほどお得になります。しかし、例えば大学で2年半ほど免除制度を … 大学生の国民年金、未納ではなく「学生納付特例制度」を20歳になると国民年金に加入することになりますが、学生であっても例外とはなりません。国民年金は、老齢年金、障…(2020年12月10日 18時30分0秒) 学生納付特例制度を利用していませんか? 子供が20歳になると日本年金機構から国民年金加入のお知らせが送られてきます。収入がないのに毎月の保険料を支払うのは厳しいため「学生納付特例制度」を利用している人も多いかと思います。 スポンサーリンク 20歳になると生じる義務のひとつが国民年金への加入。 わが子が学生で収入がなくても保険料は納めなければいけません。 決して安いとはいえないその保険料、みなさんはどうしてるんでしょうか? 国民年金は誰が加入するの?保険料は? 日本国内に住む20歳以上60歳未満の人は国民年金 … 「学生なんだし、国民年金を払うべきか」なんて悩み未納になっていませんか? 大学生の国民年金、未納ではなく「学生納付特例制度」を 20歳になると国民年金に加入することになりますが、学生であっても例外とはなりません。 今回は、国民年金は誰が払うべきなのか?という問題について記事にしていきました。 ・国民年金の保険料は学生であっても必ず支払う(加入)すべき ・支払いが厳しい学生は「学生納付特例制度」を利用すべき 社会人になり給与明細を見ると、保険料や税金などが差し引かれていて、ちょっと切ない気持ちになることもありますよね。, そんな時「学生時代に猶予(学生免除)されていた国民年金保険料を払ってないなぁ。追納制度を利用して払ったほうが良いのかな?」と気にしたことがある人も多いのではないでしょうか?, 実際、学生納付特例制度を利用して猶予を受けていた期間は年金額には反映されません。つまり、今のままだと老齢基礎年金を満額貰えないという事です。, しかし、そうは言っても国民年金保険料は結構高いです。1年分追納するとなると約20万円のお金が必要です。, そもそも、将来ちゃんと年金を貰えるかどうかも分からないのに払う必要ある?と思うのが普通の感覚。, などを見ていきながら、「学生時代に払っていない保険料は追納したほうが良いのか?」ついて考えていきたいと思います。, なお、現在学生で学生納付特例の詳細を知りたい方は「学生納付特例制度とは?知っておかないと困る情報をメリット・デメリット形式で解説!」をご参照ください。, 国民年金は、20歳から60歳になるまでの40年(480月)分の保険料をすべて納付すると満額の老齢基礎年金の受給が可能で、金額は2019年度で780,100円です(参考:年金の受給(老齢年金)|日本年金機構)。, なので、学生時代に猶予を受けていた2年分の保険料を納付しなければ将来受け取れる老齢基礎年金額が年間39,005円(19,502.5×2年)減少します。, 猶予分を払わなければ将来の年金額は741,095円(780,100円-39,005円)になるという事です。(猶予分以外の保険料はすべて納付したものと仮定)。, 先ほど見たように、学生時代の2年間の猶予保険料を追納すると年金額は年間39,005円増加します。2019年基準の国民年金保険料額は月額16,410円(参考:【平成31年度】国民年金保険料はいくら?)ですから、これを計算式にあてはめると、以下のようになります。, このように国民年金は10年ちょっとで元がとれるんですね。通常、年金は65歳から受給開始なのでおおむね75歳まで生きれば元が取れる計算になります。, さらに言うと、国民年金保険料は社会保険料(*)に該当するので「追納した国民年金保険料の金額×税率」分の節税が可能です。, たとえば、税率20%(所得税と住民税の合計)の人が2年分の追納を行うと「393,840円×20%=78,768円」の節税になります。節税金額も考慮して、何年で元が取れるか計算してみると「(393,840円-78,768円)÷39,005円=約8.1年」となり、回収期間は更に短くなるんですね。, 意外に国民年金ってお得じゃん!と思われた方も多いのでは?(注:国民年金はけっこうお得ですが、厚生年金は現在の現役世代にとってはそんなにお得じゃないです)。, 「お金に余裕がでたら猶予期間分も追納しよう~」と思って追納が遅れてしまうと思わぬ利息がつくかもしれませんよ。, 学生納付特例で猶予された保険料は10年前までさかのぼって追納することができますが、2年1ヶ月以上前の納付分から利息がついてしまいます。, 下表は2019年(平成31年)中に過去の猶予分を追納した場合の保険料と追納加算額をまとめたものです。, (数字出典:国民年金・厚生年金保険料率の改定推移、国民年金保険料の追納制度|日本年金機構), いつ払うかにもよりますが、月額20円~620円(12ヶ月分払うとすれば250~7,440円)の加算額が上乗せされます。追納する際にはこの点にも注意しておきましょう!, 「もしかして追納せずに自分で資産運用して増やしたほうがお得なんじゃないの?」と思った方、良い発想ですね!, ・2年分の追納保険料:393,840円 学生時代に払わなかった年金、いまからでも払った方がいい? 。老後資金のご相談を受けるときは、ねんきん定期便をもとに状況を確認します。そこで「あれ?年齢と金額があわないみたいですね」ということが実はよくあります。その多くは「学生時代の年金の未納」です。 年末調整では国民年金も社会保険料控除の対象!絶対に押さえ. 国民年金の保険料、免除と猶予 現在日本に住所を有する20歳~60歳の人は、国民年金保険に加入しなければなりません。 国民年金保険料は決まっていて、平成29年度は1カ月16,490円となっています。 納付が困難な場合は? 日本に住んでいる20歳から60歳までの人は国民年金に加入することになります。保険料は猶予や免除を受けることもできますが、そのままにしておくと後々損をしてしまう恐れがあります。年金保険料の追納についてご説明します。 毎月払う約17,000円の年金保険料…。高すぎて払えないと思いませんか?しかし、そのまま放っておくと年金がもらえなくなって今うかもしれません。そんな時は「保険料免除制度」を活用して、将来の年金を増やしておきませんか? 国民年金保険料を学生は払うべきか たとえ学生であっても、20歳以上であれば国民年金を支払わなければなりません。 国民年金を連絡もせず支払い続けない場合は、将来受け取る年金が少なくなったり、最悪財産の差し押さえられたりもします。 大学生の子供が20歳になって国民年金に加入することになったんだけど 「これって親が払うべきなの?それとも子供本人に払わせるべきなの(学生納付特例制度による猶予含む)?」 この問題、多くの親御さんが悩む 学生納付特例で猶予(学生免除)を受けていた国民年金保険料。払うべきなのか払わない方が良いのか悩みますよね。今回の記事ではそれを判断するための指針を紹介します。追納分の保険料を支払わずに自分で運用したらどうなのか?という疑問にも答えているので、ぜひ参考にしてください。