日本やアメリカなどでは、将来的になるかもしれない性ホルモンに関連する病気を予防するため、もしくは望まない繁殖を避けるといったことを目的に避妊去勢手術が選択されることが多く、またそれが推奨されている感がある。 一方、ヨーロッパ在住の方に話を聞いてみると、スウェーデン� 獣医師として働く中で感じる、世の中に発信したいペットのことを書いていけたらと思っています。犬猫が専門ですが、他の動物も大好きです。, 乾燥する季節になると起こりやすい、「静電気」。ビリっとした痛みも伴って、本当に嫌なものです。 ペットを撫でようと触れるたびに静電気が起きてしまい、突然の刺激に飼い主さんもペットも驚くこともしばしば。 ペットにとって、静電 […], 冬の時期は寒さから外に出たくないという人も多いでしょう。そんな時期に特に気をつけたいのがヒートショックです。 ヒートショックは人間で起こるイメージが強いですが、実は犬でも起こってしまう危険があることを知っていますか? 今 […], 寒い季節になると、みかんを食べるのが楽しみだという方も多いのではないでしょうか。 犬の飼い主さんであれば、犬にみかんをあげてもいいのか気になりますよね。 結論から言うと、みかんは犬が食べても問題ありません。ただし、与え方 […], 「愛犬が水をたくさん飲んで、たくさんおしっこをする」と感じたことはありませんか? 「水をたくさん飲めば尿も多くなるのは自然なことだから、放置しても大丈夫だろう」と思うかもしれません。確かに、飲水量が増加すれば尿量も増加し […], みなさんは、「いびき」に対してどんなイメージがありますか? 睡眠時無呼吸症候群などの疾患が各種メディアでも話題になっていることもあり、いびきは良くないものだと思っている方もいらっしゃるでしょう。 それでは、犬のいびきはど […], 犬を飼っている方は、愛犬がどこかに挟まっているのを見たことはありませんか? 狭い隙間や飼い主さんの脚の間など、「どうしてそこ?」と思う場所に全身すっぽりと挟まっていたり、顔だけ、または体の一部だけ挟まっていたりと、挟まり […], 雪が降り積もった日に犬を外に連れて行くと、犬が雪を食べてしまうことがあります。 楽しそうに雪を食べる犬の様子にほっこりする反面、「雪を食べても大丈夫なのかな?」と心配になるかもしれません。 今回の記事では、犬が雪を食べる […], 寒い冬の日、愛犬の鼻の色が薄くなっていたり、ピンク色に変わっていたことはありませんか? それ、もしかしたら「スノー・ノーズ」と呼ばれる現象かもしれません。 今回は、冬に起こりやすい犬の鼻の色の変化「スノー・ノーズ」と、犬 […], 最後まで読んでくれてありがとうございます!記事の内容はいかがでしたか?私たちシェリー編集部では、お客さまに心地よい体験をしてもらうために日々様々な改善を行なっています。もしよろしければ下記のフォームから、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか?, シェリーはペットの幸せをマジメに考えるメディアです。「ペットの幸せを一緒に考える」をテーマに、ペットオーナーとこれからペットオーナーになろうとしている方にお役立ち情報を発信しています。 目次 1.犬同士のあいさつの基本形 2.日本犬のあいさつ事情 3.日本犬のあいさつ Q&A  3-1 犬 対 人  3-2 犬 対 犬 4.あいさつさせる?させない? 5.あいさつが苦手?得意? 6.あいさつの見極め方 7.「親しき仲にも礼儀あり」が挨拶の流儀   日本 ... Shi‐Ba vol.102『去勢について詳しく知った上でする・しないを考えよう!未去勢のオス!』より抜粋. 去勢を行っていると予防できる代表的な病気は、精巣の腫瘍、会陰ヘルニア、前立腺疾患などです。 これらの病気が命にかかわってくる状況になるのは、実際のところそれほど高くはありません。 高齢で手術もできる状態ではないので、ある程度の介護をともないながら、生活していく老犬もたくさんあります。 ただし、生活上の質は格段に下がることが多いので、そういった意味では寿命が縮むことはあるかもしれません。 逆に去勢手術によって引き起こされるような病気は色々示唆されるものはあるので … 犬がおしっこをしない、トイレには行くけど何もしないで戻って来てしまう、そんな行動の背景には、どんな原因や病気があるので … 犬の一時預かり施設では生後8ヶ月以上(施設による)で去勢・避妊手術をしていない犬は預かってくれないところがほとんどです。 私もそういった施設で働いていたことがあるのでわかるのですが、そのルールを設けているのにはそれなりの理由があるからなんですね。 犬を飼うと、飼主にすぐに選択を迫られることが避妊・去勢です。これに関しては、考え方も人それぞれ。経済的な理由から敬遠する人もいるでしょうし、特定の考えを持った飼主がしないという選択をするのも理解できます。 ここでは、犬の去勢手術は必要なのか、費用、手術の成功率など詳しくご紹介しました。 去勢手術にもリスクがあります。しかし、去勢手術を行うことにより病気を回避することもできます。 #しつけ #ごはん #シニア犬 #健康管理 犬や猫の去勢・避妊手術は受けないとダメ? 獣医に聞いたメリットとデメリット(ダ・ヴィンチニュース) おうち時間が増えて、犬や猫を家族として迎え入れたいと思っている人も多いことでしょう。その時、考えなければならないのは、…   生後6ヶ月になるオスのトイプードルを飼っています。犬の去勢は必要でしょうか? 手術するべきか悩んでいます。必要な理由ありますか? 繁殖させるつもりはなく、家庭犬ペットとして可愛がるので、そろそろ去勢手術をしようと思います。去勢手術のメリットは病気予防を信じて。 監修:ますだ動物クリニック 増田国充院長去勢をしていない犬が発症する病気の一つに、精巣腫瘍(せいそうしゅよう)があります。その名の通り精巣の病気ですが、悪性の場合は早急な対応が必要です。犬の精巣腫瘍とは?犬の精巣腫瘍とは、 - Yahoo! 犬の避妊去勢手術のメリット、デメリットの全てを洗い出して検討します。どんな重病を予防するのか。一方で健康な体に麻酔をかけて外科手術をするリスクなど。信頼と安心の獣医師監修のもと、避妊・去勢手術にまつわるすべての情報を提供しています。 去勢手術について|ワンちゃん三重県津市のルナ動物病院では、土曜日、日曜日も診察しています。定期健診や予防接種、避妊、去勢手術のご相談もお気軽に。ハムスター、うさぎ、小鳥、リクガメ、エキゾチックアニマルやその他小動物のペットの病気の事ならお任せください。 犬の笑顔は見ているだけで癒される。擬人化は禁物というけれど、愛犬はきっと笑うはずだ。……と思いたいのが飼い主の心。犬は本当に笑っているのか徹底的に検証してみた。   目次 1.犬の笑顔の研究は発展途上国 2.犬の笑顔もコミュニケーションの手段 3.人の笑い 4.犬の笑い 5.笑顔のレッスン 6.犬が期待して笑顔を向ける飼い主になろう   犬の笑顔の研究は発展途上国 犬の笑顔は元気の源!……と書いてみたが、犬は本当に笑うのだろうか。「何を今さら」とお叱りを受けそうだが、動物行動学的に解明 ... 今回は愛犬に生肉を与えるにあたって、知っておきたい基礎知識をご紹介しよう。   目次 1.犬への生肉の与え方 2.生肉のギモン 3.嫌がる場合は無理に与えないこと   生肉のギモン Q.生肉に慣れてしまうとドライフードを食べないこともある? 人間側のイメージだと、カリカリしたドライフードよりも、生肉の方がおいしそうと思いがち。いいものを食べることに慣れてしまうと、ドライフードを食べなくなるのではと不安になる飼い主も少なくない。だが、ドライフードの食感が好きな犬もいれば、生肉を与えても喜 ... 警備隊の基地に「柴犬たちが怪獣と化している!」という通報が入った!キバをチラつかせながら、わがもの顔で大暴れ。たいへんだ! 地球、家庭、肉の危機だ!    かわいい顔してその本性は……!? ペットと飼い主をサポートするために立ち上げられました。, 皆さんがお困りのことは、他の飼い主さんも困っています。皆さんのお困りをシェリーを通じて解決し、皆でペットと飼い主が住みやすい世の中を作っていきませんか?, シェリーでは、企業のプレスリリースやショップのキャンペーン情報、各種コンテスト情報やプレゼント情報、 ドッグカフェやペットと泊まれるホテル・ペンションのオープン情報、犬種サークルのイベント情報などを無料で配信できます。. 犬の去勢にはどんなリスクがあるのか. Shi‐Ba vol.102『去勢について詳しく知った上でする・しないを考えよう!未去勢のオス!』より抜粋   ただ、幼齢すぎるうちに去勢をすると、肥満傾向が高まる可能性があるといった研究結果もあり、一般の家庭犬であればそれほど急ぐ必要はないでしょう。 犬の場合、肥満や癌などいろんな病気を誘発しやすくなる。 なのに、日本でもアメリカでも避妊去勢手術が当たり前のように行われている。 犬や猫の去勢・避妊手術は望まない繁殖防止、性ホルモンの病気の予防や発情に伴う病気の予防・治療のために推奨されます。健康体に施す去勢・避妊手術はペット保険の補償対象外ですが、治療の一環として行われる去勢・避妊手術はペット保険の補償対象であることを解説します。 #性格 #散歩 #気持ち #病気 #おでかけ 犬の避妊・去勢手術のメリットとデメリットについての情報ですが、私が飼っていたゴールデンレトリバーの花子。犬の肝臓病になりました。とても悲しかったです。犬のしつけにとても困ったり、ご飯の時の待てが出来ま […] 犬がおしっこをしない、トイレには行くけど何もしないで戻って来てしまう、そんな行動の背景には、どんな原因や病気があるので … 犬の病気、介護について 『松本秀樹の犬のことなら何でも聞いて!!』の情報ですが、私が飼っていたゴールデンレトリバーの花子。犬の肝臓病になりました。とても悲しかったです。犬のしつけにとても困ったり、ご飯 […] 犬の避妊・去勢手術のメリットとデメリットについての情報ですが、私が飼っていたゴールデンレトリバーの花子。犬の肝臓病になりました。とても悲しかったです。犬のしつけにとても困ったり、ご飯の時の待てが出来ま […] 生後6ヶ月になるオスのトイプードルを飼っています。犬の去勢は必要でしょうか? 手術するべきか悩んでいます。必要な理由ありますか? 繁殖させるつもりはなく、家庭犬ペットとして可愛がるので、そろそろ去勢手術をしようと思います。去勢手術のメリットは病気予防を信じて。 犬の鼠径ヘルニアは仔犬に多いといわれています。鼠径ヘルニアとは一体どのような病気なのでしょうか?犬の鼠径ヘルニアの主な症状や特徴、手術費用は?保険に入っている場合の費用は?などについて、詳しくご紹介します。 人の避妊やパイプカットでは絶対に卵巣や睾丸は切除しない。 ホルモンのバランスが壊れて心身ともに健康を害するからだ. 避妊によって予防できる病気は以下の通りです。, この中でも 子宮蓄膿症と乳腺腫瘍は命に関わることもあるため、予防できることは非常に大きなメリットです。, 偽妊娠とは、ホルモンバランスの変化によって、妊娠はしていないのに、乳房が張る、巣づくり行動を行う、ぬいぐるみを赤ちゃんのように大事にするなど、妊娠をしているかのような反応、行動を起こすものです。軽度の場合が多いですが、重度の場合は精神に負担がかかり過ぎてしまったり、食欲が低下することもあります。, 発情期にはホルモンの影響でソワソワしたり、不安になるなどの行動が見られますが、避妊によってこれらが抑制され、ストレスの軽減が期待できます。, 通常、避妊手術は初回発情前もしくは初回発情と2回目の発情の間に行います。これは乳腺腫瘍の予防効果が大きく関与しています。, 避妊手術を行うのが初回発情前だと乳腺腫瘍の予防効果は99%以上、初回発情と2回目発情の間でも約95%の予防効果が得られると言われています。しかし2回目発情後となると、その予防効果は約70%とガクッと落ちてしまいます。, 発情やそれに伴う病気には卵巣から分泌されるホルモンが大きく関わっているため、術式による効果の差はないと言われています。, 卵巣摘出術の場合、動物病院によっては腹腔鏡を用いることもでき、傷口が小さくて済むメリットもあります。ただし、全身麻酔を行う必要があるため麻酔のリスクを十分に理解しておく必要があります。この全身麻酔こそが避妊手術のデメリットの一つといえます。, オスの場合は行動の変化に対するメリットが大きくなります。もちろん病気の予防にも繋がるので、一つずつ見ていきましょう。, テストステロンなどのいわゆる男性ホルモン分泌がなくなるため、 発情によるストレスの軽減や攻撃性の低減が期待できます。, 一方で、去勢前と比較して元気がなくなった、大人しくなってしまったと相談を受けることもあります。性格に及ぼす影響には個体差があるため、手術前に予想することは困難ですが、多かれ少なかれ性格が丸くなることがあると覚えておきましょう。, オスはマーキング行為として、トイレ以外の場所で排尿することがあります。これは新しい家具・家族が増えたときや不安を覚えたときに、自分の存在をアピールするために行うとされています。, 去勢によってこの不適切排尿が減る場合があります。しかし、犬によっては効果が得られないこともありますので、マーキングを無くす目的のみで去勢を行うとがっかりする結果になるかもしれません。, メスと異なり、去勢手術の時期によって病気の予防効果に差が出るわけではないので、焦らない飼い主さんが多いようです。物理的には生後2〜3ヵ月で手術は可能ですが、できるだけ安全に手術ができるように、獣医師としっかり相談したうえで日程を決めるといいでしょう。, 全身麻酔をかけ、左右の精巣を摘出します。 こういう病気は犬のことを本当によく知らないと初期の発見とかもむずかしいだろうなぁ。愛犬を守るためには色々勉強が必要ですね。 女性 勝子 愛犬はオス犬です。まさに以前、去勢手術の相談のために動物病院を訪れたらタマタマが1 犬がご飯を食べない理由は、病気や怪我・ストレス・ドッグフードが好みではないなど、たくさんの原因が考えられます。病気による食欲不振でなければ、ほんの一工夫で解決できる場合もあります。犬がご飯を食べない時の対処法について、家庭でできる方法を考えてみましょう。 ※掲載されている写真はすべてイメージです。. (オス・9歳), ●8ヶ月くらいの時。柴や犬を飼う知人に勧められて。特に性格も変わっていない気がするので、今では去勢しなくてもよかったのではと思っています。 相手の犬に興味がないかと思いきや、しつこく肛門のにおいを嗅いだり。かと思えば、以前は耳がちぎれんばかりに大歓迎していたご近所さんを見ても完全スルー……。日本犬のあいさつって、なんだか謎だらけ!? また、去勢手術をしていないオスの老犬では前立腺が肥大していることが多く、時には尿の通り道を圧迫して出にくくしていることもあります! おしっこは作られているのに外に出せないとなると、 膀胱から腎臓へおしっこが逆流 して腎臓にダメージを与えたりと非常に危険です! まったく� ウチの子が色気づいた!去勢・避妊手術した犬でも発情はあるの? 日本やアメリカなどでは、将来的になるかもしれない性ホルモンに関連する病気を予防するため、もしくは望まない繁殖を避けるといったことを目的に避妊去勢手術が選択されることが多く、またそれが推奨されている感がある。 一方、ヨーロッパ在住の方に話を聞いてみると、スウェーデン� 犬の去勢手術|メリット・デメリット まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ 去勢手術のメリット. オス犬に対して行われる去勢手術。飼い主さんがオスの愛犬を迎え入れた際に最初に頭を悩ませる問題ですね。受ける、受けないの決断の裏には、飼い主さんのさまざまな考え方や理由が。今回はその一部をご紹介します。去勢手術について一緒に考えてみませんか? q. 犬の不妊手術、オスは去勢手術 と言われますが、睾丸を摘出する ことによって、男性ホルモンが 関与する病気や行動を予防でき、 長生きのためにも推奨されています。 でも手術や全身麻酔と聞くとやはり 怖いですよね。 しかも病気の治療のためではなく 犬の前立腺炎をご存知ですか?細菌感染を原因に発症し、血尿や痛み、膿、散歩を嫌がる等の症状がみられます。治療としては抗生物質といった内服薬の投与や去勢手術が行われます。この記事では犬の前立腺炎について、原因から症状、治療法、予防法まで詳しく解説します。 (オス・1歳), ●6ヶ月になって手術。オスならではの病気になってほしくないため。マーキングも減らず行動の変化はなし。強いて言うならマウンティングはなくなったかも。   去勢をしておくことで避けられる病気に苦しむことがないように、早い時期での去勢手術が勧められているのです。 愛犬の去勢の時期は生後6か月を目安に. オスの犬の場合、7才を過ぎると前立腺疾患や肛門周囲腺腫、会陰ヘルニアを発症する可能性が高まりますが、去勢手術を行うことによってこういった病気にかかりにくくなります。 猫の皮膚病の種類はさまざまで、中には命にかかわるものもあります。そこで今回は、おもな皮膚の病気やトラブルの原因・症状・治療法・対策を、症例画像とともに解説します。自宅でのヘルスチェック法もご紹介するので、予防や早期発見に役立ててくださいね。 犬がおしっこをしない原因とは?病院に連れて行くべき症状を獣医が解説. 避妊や去勢には、犬の無用なストレスを無くす、命に関わる病気のリスクを減らすなどの大きなメリットもあります。しかし、手術をすることで身体的な負担がかかることも事実です。有益な点も含め、手術の後に注意すべきことやリスクなど、全てを理解してから手術に臨みましょう。 (オス・7歳), 去勢の歴史とは、オス犬の去勢・未去勢にまつわる様々な疑問について、解説していく。 赤ちゃんを望まないなら去勢・避妊の検討を. 多くの獣医師が犬や猫、ウサギでも若い年齢での去勢手術や避妊手術を勧めています。 理由としてはしつけがしやすくなるということだけではなく、中高齢になってから去勢手術や避妊手術を行っていないがゆえのなりやすい病気がいくつかあるからです。 #ケア #子犬 #性別 犬の犬の避妊・去勢手術についてお伝えするコラム。メリットと言われていることが本当にそうなのか? 逆にリスクはないのか、取材で分かったことを5回にわたってご紹介します。 先代犬が未去勢で前立腺の病気になった経験があったため、新しく迎えたオス犬は迷わず去勢手術をしました。(パピヨン) (パピヨン) 愛犬に去勢手術を受けさせなかった理由 犬の去勢・避妊手術する一番の理由は、ガンなどの病気の予防と性的ストレスの開放です。また、性ホルモンによる問題行動は飼い主のストレスにも繋がります。繁殖する予定のない場合は、去勢・避妊手術をしましょう。 「おしっこが出ていない!」 と愛犬の異常を感じた時、まず知るべきなのはおしっこが本当に出ていないのかどうかです! ・まったく1滴も出ていない ・ごく少量ずつしか出ない(まとまった量で出ない) ・1回量はまとまって出るが、出る回数がかなり減っている まったく出ていないのか、それとも出る量や回数が違うのかで、おしっこの非常事態度合いは大きく異なります! まずは、 「いつもと比べておしっこの量がどのように変化したのか」 をしっかり確認することが必要です! 【犬の性教育 11のLesson】知っているようで知らない性のこと 犬の去勢手術のデメリット. 多くの獣医師が犬や猫、ウサギでも若い年齢での去勢手術や避妊手術を勧めています。 理由としてはしつけがしやすくなるということだけではなく、中高齢になってから去勢手術や避妊手術を行っていないがゆえのなりやすい病気がいくつかあるからです。 人気のキーワード: 去勢手術の費用はどのくらい? 去勢手術にはどんなメリット・デメリットがあるの? 去勢手術を受けるとどんな病気を予防できるの? 何歳まで去勢手術できるの? オス犬の去勢手術に関して、初めてオス犬を迎え入れた飼い主さんは分からないことだらけだと思います。 すべての犬に共通してかかりやすい病気もあれば、犬種や年齢によってかかりやすさが異なる病気もあります。保険料請求が多い犬の病気ランキングから、それぞれの病気の治療方法や治療費の例などをご … 主人の実家にいた甲斐犬(未去勢)の話ですが、この子が14歳のとき肛門に腫瘍ができ、これが原因で死なせてしまいました。 Q.去勢する犬が増えてきたのはいつ頃?, 少なくとも1980年代の頃になると、さほど珍しいものではなくなってきた。1990年代には去勢してないオス犬のほうが少数派になった。, もっとも、これには地域による差が大きい。去勢しているオスが多数派というのは、あくまで室内飼いが多い都市部のこと。, 屋外で飼っている場合が多い地方の場合だと、去勢せずに飼われている犬はかなり増えてくるはず。, 一番困るのがマーキング。未去勢でもやらない犬はいるが、去勢したオスに比べたらマーキングする可能性は格段に高い。, 対策としてはしつけしかない。犬をよく観察して室内でマーキングしそうな時には、タイミングを見計らって大きな音を立てる。, 散歩中にメスのにおいを嗅いでまわったり、マーキングしたりするのは、やはり男性ホルモンの影響によるもの。, 他のオスに対して吠えたり威嚇するとか、マーキングやマウンティングといった行動はオスにはありがち……というだけで、それがオスだからという理由だけで片付けるのは問題がある。, 犬の発育や前立腺癌を考えてあまり幼い時期にはやるべきではないし、高齢になると麻酔の危険性が高くなる。, 手術をするなら生後8ヶ月過ぎてから4歳未満くらいの年齢というのが、時期的には一番良いだろう。, しかし、発情期のメス犬のにおいを感知した時の未去勢オスは、背中の毛を立てて興奮し、異常な執着を見せて長い時間しつこくその場所のにおいを嗅ぎまわし、さらには、においを辿って発情したメスを探そうという行動も起こす。, 停留睾丸の犬は睾丸の腫瘍になりやすいのでその予防のため、前立腺肥大や会陰ヘルニア、肛門周囲腺腫、睾丸腫瘍など性ホルモンが関係している病気は治療のため去勢した方が良いかもしれない。, 自然派、雄らしさを求めている、子供が欲しい、麻酔の危険性を回避したいなどを考えられている方は去勢しなくてよいだろう。, 普通は生後3~4日で睾丸が下りてくるが、10~14日くらいの間は体の中に出たり入ったりしているので、睾丸の確認が難しいかもしれない。, また、個体差もあって15日以上かかる場合もあるので、生後4ヶ月を過ぎても睾丸が下りてこなければ、動物病院で診察してもらったほうがよい。, 未去勢は毛吹きが良いとか、オスらしい逞しさとかが維持される可能性が高い。これはメリットだろう。, また、去勢は気性の荒い犬をおとなしくさせるメリットがある……というのは、昔の考え。それはしつけでやるべきもの。, 一般的には体型が小さくなり、毛並みはメスのように細かく柔らかい感じに。声もカン高くなると言われている。また、犬によっては太ることもある。, 子犬も成犬も関係ない。無理やりに麻酔して手術されるわけなのでストレスはある。一時的に落ち込むことはあるだろう。術部が痛くて動く気がしないとかいう理由もある。, でも、それが術後1週間以上長引くようだと、何か問題が起きている可能性が高いので病院で診てもらったほうがいい。, 健康な犬に麻酔をかけてメスを入れるわけなので、絶対に後遺症をのこしてはならないし、元気な状態に戻さなくてはならないというもっとも難しい手術。, 入院するかしないかは個々の病院によって方針も違うが、基本的には日帰りの手術になる。, 術後は患部を濡らさないこと。患部をしつこく舐める犬では傷口が開かぬよう、しばらくはエリザベスカラーを付けたほうが無難。, たしかに、去勢しないことによる病気のリスクというのはある。しかし、去勢手術だってリスクがゼロというわけではない。全身麻酔にはリスクが付き物。, その他にも飼い主さんが、去勢をしたくない理由があって迷っているのなら、無理して手術する必要もないだろう。, そのかわり、未去勢でいくのであれば、まめに動物病院で健康診断を受け病気に注意してあげるべきだ。, つまり、去勢も未去勢どちらもリスクはあるし、それぞれにメリットとデメリットはある。完璧な正解というのは存在しないということだ。それだけに、これは悩ましい問題ではある。, それぞれの家の事情とか、飼い主の考えとか好みで去勢か未去勢か決めるしかない。すべては飼い主の判断にかかってくる。, 人と一緒に暮らす限りは、犬にも人の都合に合わせてもらわねば。と、ここは割り切って。そして、人の都合で犬の行末を選んでしまった限りは、最後まで責任をもってかわいがってやろう。, 関連記事: 犬の避妊去勢手術について やらない方がいい?やるべき?の情報ですが、私が飼っていたゴールデンレトリバーの花子。犬の肝臓病になりました。とても悲しかったです。犬のしつけにとても困ったり、ご飯の時の待てが […] 去勢したほうがいい犬、しないほうがいい犬は? 停留睾丸の犬は睾丸の腫瘍になりやすいのでその予防のため、前立腺肥大や会陰ヘルニア、肛門周囲腺腫、睾丸腫瘍など性ホルモンが関係している病気は治療のため去勢した方が良いかもしれない。 犬や猫の去勢・避妊手術は望まない繁殖防止、性ホルモンの病気の予防や発情に伴う病気の予防・治療のために推奨されます。健康体に施す去勢・避妊手術はペット保険の補償対象外ですが、治療の一環として行われる去勢・避妊手術はペット保険の補償対象であることを解説します。 去勢ってしたほうがいいのか、しなくてもよいのか? ホントのところ未去勢ってのはどうなんだろうか。 そこのところ今回は深く考えてみたいと思う。, ●メス以外には「とりあえずメンチ切っとけ!」ってなイケイケな感じ。オスやメスにかかわらず、やたらマウンティングして順位づけにも熱心そう。, ●警戒心が強くて、吠えやすい犬といった印象。攻撃的で、縄張り意識も強いのであちこちにマーキングしそうな……。, ●大らかで動じない。男らしくて堂々とした感じ。肛門が大きいって印象があり、そこのところもまた「男」を感じます。, ●性格がおっとりして、オス同士の喧嘩もなく、どんな犬とでも仲良くできる。穏やかで温厚な印象があります。, ●食欲旺盛な感じで、太りやすい体質になりそう。また、去勢したオスは肛門が小さくなる印象もありますね。, ●何歳になっても甘えん坊で、子供っぽい。体のほうもオスやメスの特徴があまり出なくて、見た目ではわかりにくい。, ●去勢したほうが、病気になる危険性が少なく寿命も長くなると思う。でも、未去勢のオスより排尿の時間が長い感じもあり。, 愛犬を去勢した飼い主さんに、その理由や時期、術後の変化などを聞いてみた。検討中の方はこちらを参考にしてみては?, ●病気をしてほしくないのと、穏やかになってほしくて1歳の時に手術。術後はマーキングが減り、ゴハンに飛びつくようになったが、穏やかになったかは「?」。 男の子のわんちゃんを迎え入れた時、避けては通れないのが去勢手術を「する」か「しない」かという悩み。手術の中では難易度は低めで短時間で終わることが多いのが去勢手術ですが、行うからにはデメリットも生まれます。 去勢手術について|ワンちゃん三重県津市のルナ動物病院では、土曜日、日曜日も診察しています。定期健診や予防接種、避妊、去勢手術のご相談もお気軽に。ハムスター、うさぎ、小鳥、リクガメ、エキゾチックアニマルやその他小動物のペットの病気の事ならお任せください。 避妊や去勢には、犬の無用なストレスを無くす、命に関わる病気のリスクを減らすなどの大きなメリットもあります。しかし、手術をすることで身体的な負担がかかることも事実です。有益な点も含め、手術の後に注意すべきことやリスクなど、全てを理解してから手術に臨みましょう。 犬の犬の避妊・去勢手術についてお伝えするコラム。メリットと言われていることが本当にそうなのか? 逆にリスクはないのか、取材で分かったことを5回にわたってご紹介します。 犬を飼う上では、去勢手術をするかしないかを考えると思います。 去勢手術は、犬にとって病気の予防などメリットとなることもありますが、当然ながらリスクもあり … 犬の避妊去勢手術について やらない方がいい?やるべき?の情報ですが、私が飼っていたゴールデンレトリバーの花子。犬の肝臓病になりました。とても悲しかったです。犬のしつけにとても困ったり、ご飯の時の待てが […] 犬は年齢を重ねると生殖器関連の病気にかかりやすいのですが、去勢手術をすることで「肛門周囲腺腫」「前立腺肥大」などの病気の心配が減らせますよ。 それでは、それぞれについて詳しく見ていきましょう。, 子犬を増やすことは、犬にとって負担になることはもちろん、飼い主にとっても生活環境の整備や経済面で大きな負担がかかります。残念ながら、飼えないからと保護センターに子犬を持ち込む人もいます。, 一方で、将来子犬を繁殖させたい、この子の子供を残したいと考えている人は避妊は考えないでしょう。できれば、犬を飼う前に家族で将来の展望を相談しておくと良いですね。, エストロジェンなどのいわゆる女性ホルモンの分泌がなくなるため、メス特有の病気の発生を抑えることができます。 犬の去勢6つのデメリット. 去勢手術をする理由としてあげられるのが、将来的な病気の予防のためというのが大きな理由だと思います。病気の予防、すなわち健康でいられるための処置として行うわけなのですが、実際に去勢した犬は長生きをするのか?と単純に疑問に思う方もいらっしゃると メスの避妊手術と比較して時間が短く、傷口も小さいことが多いです。, 避妊や去勢により性ホルモンの分泌がなくなることから、少なからず体質の変化が起こります。若い時期に行うことが多いため、体質の変化についてはしっかりと頭に入れながら日々の生活を送る必要があります。, 代謝エネルギーの減少によって、太りやすくなります。手術前と同じような食生活を続けるとあっという間に肥満の仲間入りです。, 肥満は糖尿病や心臓病、腎・肝疾患、骨関節疾患などあらゆる病気の素因ですので、普通の食事と比べてカロリーが抑えられている避妊・去勢後用の食事に変更しましょう。, もちろん定期的な散歩も忘れずに行い、摂取カロリーと消費カロリーのバランスを考えましょう。, ホルモンバランスの異常によって膀胱が小さくなり、また肥満による脂肪のために尿道が狭くなります。ここで膀胱内に結石ができた場合、通常より狭い尿道に詰まりやすくなります。, 尿路結石の形成には様々な要因が関与していますが、避妊・去勢後用のフードはこの結石を形成しにくくする成分が入っています。肥満の防止の他に、尿石症の予防のためにも術後のフード変更は必須です。, 避妊も去勢もそれぞれ利点と欠点があります。「たとえ避妊や去勢をしないで病気になったとしてもそれがこの子の運命だから」と言う方もいます。私個人としては、その考えは全く否定しません。, しかし、獣医師としては、予防できる病気はしっかり予防することで犬のQOL(生活の質)を上げて欲しいと思います。また、望まない妊娠による出産で、飼い主の生活環境の変化や経済的な負担が大きくなり、飼育を放棄するということがあってはいけません。, あのときに手術をしておけばよかった後悔することのないよう、この機会に十分に考えてみてください。, 小動物の臨床獣医師として動物病院に勤務しています。 オス犬は去勢した方がいいと思いますか?それとも、去勢しない方がいいと思いますか?私自身は犬は飼ってませんが、友人の犬が合計3回逃走していて、そのうち2回は雌犬をおっかけて逃走。その犬は片金玉です。でも去勢はしてません。こ 犬を飼うと、飼主にすぐに選択を迫られることが避妊・去勢です。これに関しては、考え方も人それぞれ。経済的な理由から敬遠する人もいるでしょうし、特定の考えを持った飼主がしないという選択をするのも理解できます。 (オス・6ヶ月), ●たしか8ヶ月の頃に手術しました。マウンティングを始めたばかりの時で、ちょっと攻撃的だったけれど、術後はおっとり平和主義者になりました。 犬がおしっこをしない原因とは?病院に連れて行くべき症状を獣医が解説. 犬の去勢は必要? 手術するべき理由ある? 去勢していれば、防げたかもしれない病気 はちコ さん. この犬の精巣腫瘍は、未去勢のオス犬限定の病気です。そのため、精巣が腫瘍化した場合には、治療として精巣の摘出(去勢)を行います。しかし、潜在精巣の犬の場合、レントゲンやエコー検査でも精巣の位置を確認できないことがあります。その場合は開腹手術をして精巣の状態を … 知っているようで知らない、わんちゃんの去勢のデメリットを6つご紹介します。 実は飼い主さんの気持ちに関係することもあるんですよ。 体重が増える. おうち時間が増えて、犬や猫を家族として迎え入れたいと思っている人も多いことでしょう。その時、考えなければならないのは、去勢手術・避妊手術のこと。「手術って何のためにするの?」「しなくちゃいけない … 犬の飼い主であれば、避妊や去勢について一度は考えたことがあるのではないでしょうか。, 避妊や去勢には、犬の無用なストレスを無くす、命に関わる病気のリスクを減らすなどの大きなメリットもあります。しかし、手術をすることで身体的な負担がかかることも事実です。有益な点も含め、手術の後に注意すべきことやリスクなど、全てを理解してから手術に臨みましょう。, 避妊や去勢をするべきか迷っている方や、今の時点で交配を考えていないという方も、ぜひこの記事を読んで考えてみてください。, 避妊のメリットは大きく、望まない妊娠の回避、病気の予防、行動の変化があります。