今から約8年前、2011年の3月11日に起こった東日本大震災という大災害を皆様はご存知でしょうか。あれから瞬く間に月日は過ぎましたが、その傷は未だに多くの爪痕を残しているものと思われます。 この東日本大震災は、発生時点では日本における最大規模の地震となってしまいました。発生日当日、気象庁からの発表された名称が東北地方太平洋沖地震であり、メディアなどからは東日本大震災と呼ばれました。 東日本大震災地震では、このことのみを表すのは東北地方太平洋沖地震という名称が用いら … ネット上で話題となっているのが、 被災地・災害地における性的被害や痴漢、盗撮といった性犯罪の被害 です。 隊員は荷を背負って行軍。設営隊は進路を発見できず帰隊。すでにコンパスは凍りつき使用不能となっていた。 20時05分止むを得ず田代まで1.5kmの地点で雪壕を掘り露営とするが、兵士たちは強行軍による疲労と寒さのため一睡もできない状態となる。 こんにちわ、宜しくお願いします。震災からまだ一週間しかたっていませんが、こちら北海道では報道が極端に少なくなってきました。午前中の放送では全て普通の放送に戻っていました。 そこで質問です。皆さんの地域では震災報道の扱い なかなか進まない復興事業に加え、慣れない仮設住宅暮らし、そして震災によって、引き裂かれた家族との絆。被災地に暮らす人たちは、いち早い復興を誰もが望んではいるが、そこにはいまだ解決できないいくつかの問題も立ちはだかっていた。 現在も尚、北海道一帯では大規模な停電や余震といった様々な二次被害に悩まされていますが、. 同ネットワークは「被災地で女性への暴力事件の認知件数が減少したのは、そうしたことが影響したのではないか」と見ている。一方で、不特定多数の女性を狙った強姦やレイプについての記述は、さほど多くない。 死の意味を説き、死者を供養する僧侶の元には多くの霊魂譚が寄せられる。本章では僧侶1335人に対するアンケートや聞き取り調査から、霊的現象の事例を紹介し、その傾向、メカニズムを解説する。その … 被災地の復興が進む一方、関心や支援の熱が冷めたという話もあちこちから聞こえてきます。記憶の風化が進みつつある今だからこそ、大震災の発生したあの時、そして被災地の今について、考えてみる必要があるのではないでしょうか。 一般に、被災地に住んでいれば「被災者」と思うわけですし、被災地に住む者からすれば、応急仮設住宅やみなし仮設住宅に住んでいないと、被災者ではない、と思ったりもします。しかし、被災地内では、どこからどこまでが対象なのか? 「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む, 「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む, 日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む, 記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む, 記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む, 「このシリーズの続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「WATCH」すると、そのシリーズの新着記事が配信された際に、Raiseの場合はその議論に新しいコメントがついた際などに通知されます。 詳細を読む. 死の意味を説き、死者を供養する僧侶の元には多くの霊魂譚が寄せられる。本章では僧侶1335人に対するアンケートや聞き取り調査から、霊的現象の事例を紹介し、その傾向、メカニズムを解説する。その後編。, 「霊魂に関するアンケート」では、2011(平成23)年3月11日に起きた東日本大震災後、被災地における霊魂現象の体験や、鎮魂行為の有無についても聞いている。, アンケートにこの項目を入れた理由は、筆者が数年間にわたる震災後の報道に関わる中で、現地でしばしば、「被災地で幽霊を見た(という人を知っている)」「鎮魂行為を行った」とする証言を耳にしたからである。, 調査結果を分析する前に「被災地の幽霊」に関する報道について、少し、紹介しておきたい。, 筆者は、記事検索システムにかけて震災後6年間に報じられた記事数をカウントしてみた。, 対象メディアは朝日・毎日・読売・日経・産経の5大全国紙と、共同・時事の2大通信社、東奥日報・デーリー東北・岩手日報・河北新報・石巻かほく・福島民友・福島民報の東北7紙、さらにNHKを加えた。検索の期間は2011(平成23)年4月1日~2017(平成29)年3月31日までの6年間。検索キーワードは「東日本大震災 and 幽霊」とした。, 検索キーワードは「霊」「霊魂」という文言にせず、「幽霊」とした。理由は、「霊」「霊魂」で検索すると「霊魂現象」に結びつかない記事がほとんどであったためだ。, 検索をかけ、ヒットした記事を通読した結果、東日本大震災後の「幽霊」に関する報道数は6年間で175件確認できた。いわゆる「後追い記事」や一般論としての引用記事を一部含むものの、大災害後の幽霊現象がこれほど報じられたのは、異例のことである。, 最初に「幽霊報道」をしたのは、2012(平成24)年1月18日付の産経新聞朝刊であった。, 「水たまりに目玉、枕元で『遺体見つけて』 『幽霊見える』悩む被災者」という見出しで掲載した。この記事は、Yahoo!ニュースなどのネットで再掲載され、SNSなどでも広がり、大きな話題になった。, 内容は、震災から1年近くが経過した宮城県内で、寺院やキリスト教の教会などに幽霊に関する相談が相次いでいるというもの。こうした被災地における「誰にも相談できない悩み」に対応するため、超宗教でつくる宮城県宗教法人連絡協議会が「心の相談室」を設置している、と記事は結んでいる。, 産経新聞の記事の後、再び幽霊報道が出てくるのは、震災後1年半が経過した2012年9月11日付の毎日新聞だ。記事の内容は、被災者の長引く避難生活を伝える内容だが、記事の最後に、取って付けたように「沿岸地では幽霊が出るとのうわさが広まっている」と締めくくられていた。, 幽霊はやはりいないんでしょうね。震災のあった場所という雰囲気のためにありもしないものが見えるのかも。要は気のせいです。そう思わないとやってられません。, 震災後、半年ほどして出張で宮古を訪れたとき、タクシーの運転手さんから夜の12時以降は営業してないです、と聞きました。呼び出しが会って、お客様を乗せて送り届け、ふっと気付くと誰も乗っていないことが度々あり、その会社では12時以降は営業を取りやめたそうです。ちょっと怖い話ですが、その後鹿児島に出張し、鹿屋(少年特攻隊の基地があって有名な街ですが)で夜某スナックでこの話をしたら、お店の若い女性が怖がらずに「良かったです、無くなった人が行きたい場所に届けてあげて」、と。俗な営業マンである私は、魂が清められた気がしました。進学競争を経て、会社で競争社会にいると大切な物を失ったかもしれないと、密かに思った次第。, 東北出身ですが、風土として生者と死者との距離が近いというか、「あの世」と「この世」が地続きであるという感覚は他の地域に較べて強いような気がします。関西などは仏教の影響で思考が「合理化」「近代化」されたのに対し、東北は宗教以前の古俗が根強く生きているということかも知れません。どちらが良いとか優劣をつける問題では無いですね。本文中にもありますが、東日本大震災の幽霊譚は、死者を身内と感じて同情し寄り添うような「怖くない」ものであるのに対し、阪神大震災の数少ない幽霊譚は、自分とは無関係の他人事で「怖い」幽霊であったとか。, 東日本大震災の翌日に発生した長野県北部震災で栄村が深刻な被害を受けたことや、同じく東日本大震災の3週間程前にあたる2月22日に発生したニュージーランドのカンタベリー地震で、クライストチャーチで語学研修中の学生12人を含む日本人28人が犠牲になった事件が、関係者の地元以外ではほとんど忘れ去られている現実を見据えれば、同年の他の重大ニュースに埋もれてしまう説は確かにありうると思います。あと神戸震災で心霊体験談があまり聞かれないのは、津波の直撃を受けることがなかったことも大きいのでは? 古くから漁業を生活の糧にしてきた方が多い日本では、その海が荒れることを恐れつつも、海から受ける恩恵があまりにも大きいからこそ、街も海のすぐ近くに自然発生的に築かれてきた。過去に何度も津波の被害を受けた三陸沖はまだしも、宮城県の平野部の方はまさか自分達が津波の被害に巻き込まれるなど夢にも思っていなかったでしょう。古くから船幽霊や海に関わる奇譚が昔話や噂話として語られる日本で、津波で多数の行方不明者が発生すれば、その手の噂が語り継がれても不思議でもなんでもない。そして著者の指摘するSNSで瞬く間に拡散したパターンだと思います。, 私自身、不思議体験をしていますので、読んでみました。それは父が病院で亡くなった時です。母は父につきっきりでしたが、私は実家から遠く離れた所に住んでいましたので、当日、初めて病院に泊まり込みました。父の病状の進み具合はわかりませんでしたので、1日2日様子を見たら、戻るつもりでした。22時頃、椅子に座ったまま眠ってしまいました。ふと薄眼を開けると窓際に数十年前に亡くなった兄と姉が立っていて、父の方を覗き込んでいるようでした。最初に思ったことは「父がこの病院に入院していることを知らせていないのに、よくわかったな」ということでしたが、次に、「否、そんなことはない。兄も姉も無くなっているのだ」と思った瞬間、兄と姉の姿はパッと消えました。この話、今でも生きている兄弟には話しましたが、他の人に話したことはありません。, 遠野物語に同じような話がありました。> 阪神大震災では「ゼロ」地域的なものもあるのでしょうか?見たいものが見えてしまうという幻覚を私も数回、経験しています。豪雨や雪山等、登山で疲労困憊しているときに、まだ着くはずのない山小屋が見えたり。友人の中には、同様の状況で自動販売機が見えるという奴もいます。ありえないことなので幻覚だと気が付くわけですが、思考回路が回らないほど疲労していたら、フラフラとそちらに行ってしまうかもしれません。, 都会に潜む「見えざる世界」に目を凝らし、僧侶へのアンケートや取材を重ね、東北にイタコを訪ねて亡き母と話す……。自らも僧侶であ…, 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。再度の緊急事態宣言で経済活動が制約されていることもあって、未曽有の経営危機に直面する企業も多い。歴史に名を残した創業者…, 米国立研究機関 ウイルス免疫学者がやさしく教える! 士の探偵役!セガのPS4新作『JUDG…, 要注意!ニッポンレンタカーの24時間営業廃止時期は店舗毎にバラ…. Copyright © 2021 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved. 報道の仕事では、企画を決め、何分の番組で、どのくらいの予算で作るというのを決めて、撮影に入ることが多いのですが、被災地の状況を映像で撮るのは、ゴールが明確ではありません。 時間も予算も予測できないのです。 東北被災地復興!という報道はしても、その一方で、裏腹では「自由貿易」という、被災地の人間を苦しめる政策を推進し、 結果的に被災地復興をできなくしてしまう報道をしてるNHKは、もう解体させたほうがいい。 なにより、NHKは極悪人が多い。 被災地の炊き出し記者が「報道陣にご飯ないんですか?」 藤原義正です。 ご訪問ありがとうございます。 暴動を鵜呑みにはできませんが、ネットで流れているニュースに… 自戒をもって振り返る被災地取材忘れてはいけない“報道被害”ガソリン給油割り込みにトイレ盗撮、弁当ツイート…。熊本地震の被災地報道を巡り、マスコミ批判がネット上にあふれた。報道不信は深刻だ。“前震”翌日の4月15日から5日間現地で取材した。 日本人がワクチンを打つ前に知っておくべきこれだけの真実, 大好評につき第2期開催決定!ベストセラー「宇宙兄弟とFFS理論が教えてくれるあなたの知らないあなたの強み」著者古野氏から直接学べる特別講座! 竹内結子さん、熊本地震被災地へ4年間毎月寄付…今月も10日に振り込まれていた女優の竹内結子(たけうち・ゆうこ)さん(40)が27日午前2時前、東京・渋谷区の自宅マンションでぐったりしている状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。 悩み多き“部下を持つリーダー”のための個性の把握とその活かし方を学ぶ講座です。, 日経ビジネス電子版のコメント機能やフォロー機能はリゾームによって提供されています。. 2018年9月6日午前3時08分頃に北海道を襲った最大震度7の胆振東部地震。. 未曽有の犠牲者を出した東日本大震災。被災者の悲嘆と再生を長期にわたり取材した外国人ジャーナリストは、日本人のレジリエンスをどう見たのか。日本在住20年以上の英国人記者リチャード・ロイド・パリーさん(51)に聞いた。(聞き手・構成 渡辺志帆)