かつて米証券会社大手ゴールドマン・サックスには500名のトレーダーが在籍していたが、aiトレードの普及で今では3名になっている。彼らはどこに流れたのか…。 メガバンクが3万人リストラ aiやitで不要になる職業がいろいろと噂されていたが、最初に顕在化したのは意外にも大銀行でした。 三菱、三井、みずほのいわゆるメガバンク3行は先日、合計3万2500人ものリストラを発表しました。 【悲報】米国牛乳メーカー「ボーデン社」が「破産」申請 「レディボーデン」も食べられなくなっちゃう? >, https://gendai.ismedia.jp/articles/-/69656, http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1578441839/, いやでも事務は自動化されていく 用途がない人が余り 人は自動化できない分野にすがるしかないよな 今の子供ですらそれを把握して学ばないと勉強内容がコンピュータ任せになる リストラもだけど企業が自動化で少人数で回せるようになり格差社会になる. 実業務や工場現場にaiやiotを適用するのに必要なのは、最先端aiの研究者ではありません。 ビジネスとaiやfaの世界を同時に理解したコンサルタントがai・iotの業務適用コンセプト抽出・策定をご支援します。 私は現在、金融業界で営業職として、某有名証券会社で働いている20代のOLです。年収は400マンほどです。 働き始めてはや3年がたちますが、仕事は営業一本で新規開拓営業や既存のお客様のフォ … マイナンバー制度導入は行政事務へのai導入と公務員大リストラ時代の布石です。今までの日本では「公務員は絶対的な安定職で将来安泰」というのが常識でしたが、これから到来する時代では、その公務員信仰の幻想は終焉を迎えようとしています。民間企業の多 引用元 : http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1578441839/, 利子もつかない、株なんてギャンブルは儲からない、仮想通貨なんてマネロン専用だしインチキがバレたしなw, AIを駆使とか言ってるくせに、いつになっても絶対に損しない金融商品を作れない件wwwww, まあ上がっても下がってもNISAなんかで推奨されてる投信は信託報酬が手に入るからな. Copyright © 2012 - 2019 マネーライフ2ch All Rights Reserved. 楽天証券、1月下旬に「cfd取引」スタート. 投資するならsbi証券。株、fx、投資信託、米国株式、債券、金、cfd、先物・オプション、ロボアド、確定拠出年金(ideco)、nisa(つみたてnisa)などインターネットで簡単にお取引できます。使いやすいチャートやアプリも充実。初心者にも安心の証券会社です。 AIを特別視しすぎだと思いますね。たしかにFinTechで銀行業務が合理化されるのは不可避です。だけどコンピュータにはできないことがあって、そっちのほうが圧倒的に重要です。これから銀行員がなるべきはコンピュータにできないことができる「金融のプロフェッショナル」なんです。 AIは「(人工… 1: KingFisherは魚じゃないよ ★ 2020/01/08(水) 09:03:59.95 ID:mP6DqpVy9 日本の金融業界がこれまでにない変化に直面している。 銀行は前代未聞のリストラを開始しており、証券業界のガリバーだった野村證券も抜本的なビジネスモデルの転換を迫られている。 唯一、好 日本国内の601 の職業に関する定量分析データを用いて、オズボーン准教授が米国および英国を対象に実施した分析と同様の手法で行い、その結果をNRI がまとめました。それによると、日本の労働人口の約49%が、技術的には人工知能やロボット等により代替できるようになる可能性が高いと推計され … 日本では会社ごとにシステムやデータ形式が異なることが多く、監査ツールに取り入れて分析するのに人手や時間がかかっており、AIを使って監査先の財務・非財務データを常時チェックするリアルタイム監査はまだ試行が始まりつつある段階だ。 リストラが相次いでいます。aiが仕事を奪うと数年前から言われて来ましたが少しずつ現実的になってきたのかもしれません。今回はリストラから自分を守るために知っておきたいこと、やっておきたいことについて考えてみます。 基本的にリストラの場合には会社都合となりますが、会社都合退職とすることは会社側が嫌がるケースが多いのです。 会社都合退職としてしまうと助成金がもらえなくなる可能性があるのです。 他にも採用に不利になるなんて理由も言われていますね。 ai・iotコンセプト策定. テレビやsン分記事で、「みずほ銀行は2023年度末までに、事務員のうち約3割の3千人程度を資産運用の相談を受け持つ営業に再配置する計画がある」といったニュースが取りただされました。大手都市銀行を皮切りに、地方銀行等の銀行員の未来について記事を書きました。 外資系金融といえば高給な仕事として知られておりますが、リストラが多いということでも有名です。一般的にアメリカの雇用慣習としては、”Employment-at-will”という観念のもと、解雇・離職が自由にできる環境となっているので、米国流雇用が日本 1つ目です。米国の人員と拠点のリストラの効果は、年間でどのくらいあったのでしょうか。 2つ目です。aiソリューション事業の今期第1四半期・第2四半期が赤字になっているので、この要因をもう少し詳しくおうかがいしたいです。 もう一つは、お馴染みの月刊人材ビジネスの2月2日の「富国生命がai導入で34人をリストラへ。人材派遣業の先行きに暗雲か?」という記事。 元ネタは、昨年末12月30日の毎日新聞「富国生命 ai導入、34人削減へ 保険査定を代替」という記事です。 18年はAIを活用した「第4次産業革命」の時代に本格突入していく元年とみられている。 すでに旅行業界では、AIで電車や飛行機などの手配をする新会社が登場し、金融、証券業界も積極的にAIを取り入れ … コロナ禍で業績を上方修正した上場企業は186社、スーパーのライフ、佐川急便など200億円超の企業も 「結婚助成金」60万円に倍増も実施は289自治体のみ、東京はゼロ、条件厳しく「誰がもらえるの? AIやロボット、ましてやベーシックインカムといった一見、遠い将来のことのような話題には皆さんの反応が少ないということは承知のうえですが、それでもなお、この話題を採り上げないわけにはいきません。, 顧客視点では、「皆さんから求められることをお伝えする」という考え方もありますが、私自身は、仮に皆さんから求められなくても「皆さんのためになることを採り上げたい」と思っています。, 企業経営の観点から言うと、明日の売上、今日の利益ももちろん大切ですが、5年後10年後の事業継続を考えることが非常に大切だからです。, これは今に始まった話ではなく、すでに第一次産業革命からその歴史が繰り返されています。, そんな中で、最近の気になる記事二つから、目の前に迫った変革を考えてみたいと思います。一つは、1月30日の日本経済新聞の「AIと競い、共に働く 『選別』の脅威を越えて」という記事。, もう一つは、お馴染みの月刊人材ビジネスの2月2日の「富国生命がAI導入で34人をリストラへ。人材派遣業の先行きに暗雲か?」という記事。, 元ネタは、昨年末12月30日の毎日新聞「富国生命 AI導入、34人削減へ 保険査定を代替」という記事です。, 毎日新聞に書かれた記事をさらに人材サービス業界唯一の業界誌が採り上げたということ自体が、新たな技術革新が現実のものとしていよいよ雇用の世界に到達しようとしていることを意味しているように思います。, まず、日本経済新聞の「AIと競い、共に働く 『選別』の脅威を越えて」ですが、この記事で重要なポイントの一つが、これまで機械に置き換えられることはないと思われていた仕事が機械に置き換えられていくということです。, これまでも、機械化、自動化によって人がやっていた仕事が機械に置き換えられてきた歴史はあります。古くは馬車が車に置き換わったということもありました。, それらの多くは、単純作業であったり、重労働であったり、いわゆる低スキルでもできる労働集約的な業務、あるいはルーティンワークと言われるものが中心でした。, つまり、弁護士であったり、医師であったり、以前は羨望の眼差しで見られる職種におよびます。, この記事の中で採り上げられている「Humans Need Not Apply(人を採用する必要はない)」という動画を見てみるとハッとさせられる部分もあります。これは必見です。ぜひ、想像力と創造力をもって見てください。, もう一つの月刊人材ビジネス「富国生命がAI導入で34人をリストラへ。人材派遣業の先行きに暗雲か?」という記事では、知識労働への変革がかなり現実味を帯びたものとして捉えられています。, 恐らく、一定の決まり事の中で、人でなければなかなか結果を得ることができないと考えられていた業務ではないでしょうか。, 毎日新聞によれば、すでに第一生命保険やかんぽ生命保険も同様の取り組みを始めているほか、日本生命は顧客への最適な提案につなげるために別の観点でAI活用をしているとのことです。, 我が国に生命保険会社はおよそ40社ほどありますが、いずれもこれらの変革はあっという間に業界内におよぶのは目に見えています。, 簡単に思いつくのは、損害保険も当然、同様のことを考えるでしょう。いわゆる生命保険、損害保険に限らずすべての保険業務では同じように査定や提案にAIを利用するようになるのではないでしょうか。, 利益率の高いビジネスモデルであることは変わらないとしても、雇用の受け皿としての間口は狭まるのではないでしょうか。雇用の観点から言うと人材ニーズが低下するということになるでしょう。, 車の自動運転が当たり前になると自動車事故そのものもなくなり、自動車保険も不要になっていくかもしれません。, 同じく、審査業務という観点で言うとクレジット会社。与信審査や債権管理などはAIが使えそうです。, さらに債権管理と言えば、証券業務の有価証券の引受業務、金融業界と言えば銀行の融資業務、いずれもこれまで知的労働とされてきたものにAIが利用されるようになることが考えられます。, 保険、証券、金融という分野だけをみてもこのように芋づる式に広がることが容易に想像できます。1~2年のうちにかなりの企業で実現される可能性が出てきたのではないでしょうか。あるいは、報道されていないだけで、すでに利用が始まっているかもしれません。, つまり、月刊人材ビジネスの記事のタイトルにもあるように「人材派遣業の先行きに暗雲か?」ということにつながる可能性が高いということになるのです。, 日経新聞の記事によれば、今後求められる職種は、「Creativity(創造性)」「Management(経営・管理)」「Hospitality(もてなし)」の3つがカギだそうです。, これ自体は、以前から言われていることなので、人材サービスに携わる皆さんにとってはそれほど珍しい話ではないかもしれません。, ここでひとつ明確に認識をしておかなければならないことは、これまで「労働集約的な業務であるかどうか」を軸に企業からの受注、人材の募集をしていたものを、これからは「人だからこそできる業務かどうか」を軸にすることに考え方をシフトしていかなければならないということです。, 恐らく今後のAIの伸展を見据えて意識的にドメインをシフトしていくことが求められるのではないでしょうか。, つまり、これらの二軸を交差させ、労働集約的か否かに関わらず人だからできる業務にウェイトをシフトする、一方、これまで知識労働的であったものでもAIやロボットに代替されるもののウェイトは低くするということを検討する必要があるということです。, 日ごろ私は、政府がキャリアカウンセリングやキャリア形成支援を事業者に義務付けるのはおかしいと言っていますが、それは義務として法律でしばるのがおかしいと言っているだけで、経営戦略としては真剣に取り組むことは必要になるだろうと考えています。, 大きな変化を目前にしたいま、人材サービス事業者の皆さんは、明確な経営戦略の策定をすることが求められているのではないでしょうか。, 月刊人材ビジネスに登場する業界関係者さんは「業界にとって痛打となるのは間違いない。でも、本当にそれで良いのか?ジョブを人間から奪ってしまうのは本末転倒の気がする」とコメントしています。, この業界関係者さんが、もしこのブログをお読みいただいていたら申し訳ありませんが、認識が甘すぎると思います。, ひとつは、クライアント企業はそのようなことは考えていません。私自身、人材サービスを利用する立場にもいたのでよくわかりますが、特にここで採り上げられている生命保険の例で言えば、間違いなく人材サービスの利用は需給調整機能として捉えています。, 本来、人材派遣やアウトソーシングは必要なときに必要な人材の労務を得られることがクライアント企業にとってのベネフィットですから、その必要がなくなればサービスの利用をやめるのは当然です。, そしてもうひとつ、「本末転倒の気がする」…確かにそのような気もしますが、時代の趨勢に抗うことはできません。, むしろ、人材サービス事業者は雇用のプロとして、本当の意味で新たな雇用を積極的に創造していくことが求められます。その創造力、Creativityがなければ、人材サービス自体の存在価値もなくなるのです。, 飛躍的な進化を遂げつつある人工知能(AI)は、法律や医療など高度な専門性を伴う分野でも雇用を奪うリスクをはらむ。, AI時代到来で不要になる能力が選別されていく脅威を乗り越え、どんな能力を磨くべきかが問われ始めている。, 「優秀な頭脳を持つ人」が集まる職場として、何をイメージするだろうか。司法や医療の世界を思い浮かべる人が少なからずいるはずだ。, 一部のエリートにしか手の届かない高度な専門職。その領域に、AIが足を踏み入れようとしている。, 英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのニコラオス・アレトラス博士が開発するのは「AI裁判官」。過去の裁判資料を使ってAIが妥当な判決を下せるかを試すと、実際の判決に照らした的中率は79%に達した。, 慶応大学は医師国家試験に解答するAIを開発中だ。過去の問題から学習する機能などによって正答率が上がり、合格間近に達している。, これらの研究は法律家や医師の仕事を手助けすることを狙いとするが、AIが極めて高度な知力を手にしつつあることを示している。, AIは学習する。膨大な資料やデータを読み込み、分析できる。複雑な計算も瞬く間にこなす。, 人にはできないこと、難しいことが得意な場合もある。それを「恐ろしい」ととらえる人もいる。, 動画共有サイト「ユーチューブ」に投稿された海外の動画が「リアルだ」と話題を呼んでいる。, 自動運転や自動翻訳の技術が本格的に導入されれば、通訳や翻訳、タクシーやバスの運転手といった仕事をAIが担う。, これまで機械やコンピューターは肉体労働や事務作業から人間を解放してきたが、AIがかかわるのは頭脳の領域だ。, 「AIで生活に明かりを」。英アズーリ・テクノロジーズは送電線の届かないケニア、ガーナ、トーゴなどのアフリカ中部に「AI付き太陽光発電システム」の導入を進めている。, AIは住人の電力使用パターンを学習し、日中の発電量が足りない場合は、照明の明るさなどを調節する。現在、9万世帯に提供中だ。, 静岡県湖西市。キュウリ農家の小池誠さん(36)は母、正子さん(65)の働く姿に心を痛めていた。忙しい日は出荷に向けたキュウリの仕分け作業が8時間にのぼる。肩凝りはひどく、けんしょう炎にも悩まされていた。, 誠さんは米グーグルが公開するシステムを使い、キュウリを自動で仕分けるAIを試作した。画像をもとに、曲がり具合や長さ、太さによって8段階で分ける。, キュウリ農家の仕事は重労働で「盆も正月もなく、台風の日も仕分けしている」(正子さん)。AIによって作業から解放されれば「友人と外食や買い物に行きたい」。誠さんも「空いた時間でキュウリの株の世話ができる。より質のよいものを作れる」という。, 日本はこれから労働人口が減る。長時間労働の是正も待ったなしだ。仕事を奪われるというより、AIができることはAIに任せてしまえば「業務の総量を減らし、生産性を上げられる」と野村総合研究所の岸浩稔主任コンサルタントは指摘する。, AIが医療や司法の分野に進出しても、知識やデータを詰め込むだけで医師や裁判官を務められるようになるわけではない。しかし、AIと共存する世界では、人にしかない能力にさらに磨きをかけることが求められる。, 「法律を勉強したり、薬の処方をプログラムしたりすることはいずれロボットに代わられる」。, 「AIが普及した社会で一番希少になるのは、他者に共感する力を持つ人間だ」と強調するのは米マイクロソフトのサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)。医療の世界で例えれば、「医師の仕事は自動化できたとしても、看護師や介護福祉士などは人が足りない」と指摘、AIでは補えないとみる。, 「人工知能と経済の未来」の著書がある駒沢大学の井上智洋講師は、AI時代を生きるうえで「Creativity(創造性)」「Management(経営・管理)」「Hospitality(もてなし)」の3つがカギになるとみる。, AI時代に重要になる能力を総務省が有識者に聞いたところ主体性、行動力などの「人間的資質」「企画発想力や創造性」が最も多く、コミュニケーション能力などの「対人関係能力」が続いた。, 語学力などの「基礎的素養」との答えは少なく、人ならではの強みを身につける必要性が浮かび上がる。, AIが得意とする分野の一つとされる自動翻訳では技術の進歩が著しい。通り一遍の通訳や翻訳の能力程度ならば、すでにいらなくなりつつある。, 福島県・裏磐梯の「グランデコスノーリゾート」で約1年前から働くイタリア人のアレッサンドラ・コルツァーニさん(27)は話す。, AIを使った自動翻訳アプリ「ボイストラ」が仕事の相棒だ。日本語、英語、中国語、韓国語に対応する。, こうした外国人客の増加の対応の一環で、冬季の従業員にベトナム人や中国人など27人が活躍中だ。, 接客や研修など様々な場面で自動翻訳は「重宝している」と営業担当リーダーの高野美鳥さんは話す。, 日本有数のこけしの産地である福島市土湯温泉町。創業64年の山水荘の若旦那、渡辺利生さん(28)は人手不足が深刻化する中、「外国人従業員は重要な担い手になる」と指摘する。, 「日本語が苦手でもAIの力で十分戦力になる」 客も従業員も使う言語は様々。それをAIがつなぐ。, AIの開発と普及が急速に進む中で、生保大手の富国生命がAI導入で医療保険の給付金を査定する部署の人員を30%削減することがわかり、毎日新聞は昨年12月30日付の朝刊一面で報道した。, 同紙は「AIの普及は人の仕事を奪いかねず、今後議論を呼びそうだ」と注意を喚起している。人材ビジネス業界にとってもマイナスの影響が予想されている。, 毎日新聞の報道記事によると、文脈や単語を解読する日本IBMのAI「ワトソン」を使ったシステムを今年1月から導入した。, 医師の診断書などから、病歴や入院期間、手術といった入院給付金支払いなどに必要な情報をAIが自動的に読み取る。, 給付金額の算出のほか、契約内容に照らし合わせて支払い対象となる特約を見つけ出すことも可能で、支払い漏れの予防も期待できる。, AIの査定対象となりそうな支払い請求は、2015年度に約13万2千件あったという。, 同社の査定関連部署には15年3月末時点で131人の職員が所属する。支払いの最終判断には従来通り専門スタッフが関わるが、診断書の読み込みなどの事務作業はAIで効率化できる。, そして、5年程度の有期で雇用している職員47人を中心に、17年3月までに契約満了を迎える人の後任を補充しないことなどで、最終的に計34人を削減する。, AIのコストはシステム導入に約2億円、保守管理に年1500万円程度(以上毎日新聞から抜粋)。, 富国生命以外の有力生保各社もAIのワトソンを導入し始めているが、人員削減までには至っていない。, また、生保業界のAI導入は損保業界にも波及するのは必至であり、今後企業の事務部門への波及も予想される。, 業界関係者によると、「AIは時代の流れと受け止めているが、事務の効率化に始まり、やがて、製造、技術、医療・福祉分野にまで拡大すると人材業界にとって痛打となるのは間違いない。, でも、本当にそれで良いのか?ジョブを人間から奪ってしまうのは本末転倒の気がする」と話している。, 富国生命保険が、人工知能(AI)を活用した業務効率化で、医療保険などの給付金を査定する部署の人員を3割近く削減する。AI活用による具体的な人員削減計画が明らかになるのは珍しい。, 将来的に、人の仕事がAIに置き換えられるケースが増えると指摘されており、今回の取り組みも論議を呼びそうだ。, 文脈や単語を解読する日本IBMのAI「ワトソン」を使ったシステムを来年1月から導入。, 医師の診断書などから、病歴や入院期間、手術名といった入院給付金支払いなどに必要な情報を、AIが自動的に読み取る。給付金額の算出のほか、契約内容に照らし合わせて支払い対象となる特約を見つけ出すことも可能で、支払い漏れの予防も期待できるという。, AIの査定対象になりそうな支払い請求は、2015年度に約13万2,000件あった。, 支払いの最終判断などには従来通り専門スタッフが関わるが、診断書の読み込みなどの事務作業はAIで効率化できる。, 5年程度の有期で雇用している職員47人を中心に、17年3月末までに契約満了を迎える人の後任を補充しないことなどで、最終的に計34人を削減する。, 保険業界では、第一生命保険が既にワトソンを活用した支払い査定業務システムを導入しているが、人手によるチェックも並行しているため、大幅な人員削減や配置転換には至っていない模様だ。, 日本生命は今月から、全営業職員が保有する4,000万件分の契約情報などに基づき、顧客に最適な保障内容などをAIが分析し、営業職員の参考にしてもらう実証実験を始めた。, AI普及で、新商品の開発や保険引き受け範囲の拡大による事業拡大が期待される一方、人員の再配置や削減が進み、雇用環境を悪化させる懸念も残る。, 全国の紀伊國屋書店、丸善ジュンク堂、ブックファースト、有隣堂、三省堂書店などでもご購入いただけます。, 人材サービス総合研究所℠ | 人材サービス企業の "しくみ創り" の経営パートナー, 運転が当たり前になると自動車事故そのものもなくなり、自動車保険も不要になっていくかもしれません。. 証券会社の平均年収ランキングです。証券業界の年収は現在どれくらいなのでしょうか。証券業界の年収がすぐ分かるように「証券業界の企業のランキング」を作成してみました。証券業界全体に大きなマイナス影響を及ぼしたリーマンショック(平成20年9月)。