>> 更正の請求・修正申告・還付申告の違い. 「確定申告は個人事業主やフリーランスがするもの」と思い込んでいませんか?確定申告が必要な人は誰なのか、どのような場合にした方がいいのか。細かい条件を確認していきましょう。 確定申告をするかしないかは申告者自らが判断して申告納付することになっています。 そもそもどのような人が確定申告しなければいけないのでしょうか。今回は、義務として確定申告を必ずしなければならない人、任意で確定申告したほうがよい人(おトクな人)、確定申告が不要な人について、整理して解説。チェックリストで所得税の確定申告が必要かどうかすぐわかります。 確定申告は、納めるべき税金を申告するのが目的です。一方、還付申告は、必要以上に納税してしまった金額を還付してもらうことを目的とする申告です。申告に必要な書類などは基本的に同じですが、申告期間が大きく異なります。, 「確定申告」をすることによって、1年分の税額が確定します。その結果、払いすぎた税金が還付される(=返ってくる)ことがあります。このような申告を、特に「還付申告」と呼びます。, 会社員が確定申告や還付申告を行う場合は、個人事業主とは提出書類が異なります。会社員の場合、確定申告書Aと、必要に応じて添付書類を提出するのが一般的です。例えば、医療費控除を受ける場合、「医療費控除の明細書」を添付書類として提出します。, 「還付申告」は義務ではありません。すでに税金を払いすぎている状態なので、通常の確定申告期間(翌年2月16日~3月15日)を気にする必要はありません。還付申告の有効期間は、翌年1月1日から5年間です。この期間であれば「確定申告の期限がすぎていた!」「還付が受けられることを知らなかった!」という場合でも、さかのぼって還付申告を行えます。, 会社員の場合、会社が年末調整をしてくれるので、普段は確定申告をする必要がありません。少し詳しく言うと、確定申告の義務がないのは、主に次のような人です。, 上記に該当する人は、確定申告にもとづいて所得税を納付する必要がなく、確定申告の義務がありません。, 確定申告の義務があるのに期間内に申告できなかった場合は、税金の納付も遅れることになります。そのため、延滞税などのペナルティが課せられます。通常の確定申告期間は、課税される年の翌年2月16日~3月15日の一ヶ月間です。 どちらも 確定申告 に違いはありませんが、納め過ぎた税金が還付される場合の確定申告は 還付申告 と言われています。. 確定申告の目的には、税金の「納付」と「還付」の2種類があります。いずれも1年間の税金を確定し、精算するという意味では同じ「確定申告」の手続きです。ただ、還付目的の確定申告については、とくに「還付申告」と呼んで、納付目的の確定申告と区別します。 会社員などの給与所得者は、還付申告を行うことが多いです。一方、個人事業主は納付目的の確定申告を行うことが多いです。ただ、著しく所得が高かった年の翌年や、源泉徴収を多く受けた年などについては、個人事業主でも還付申告とな … 住民税と確定申告との違い. 所得税額を確定するための確定申告は「平成30年2月16日から3月15日」までになりますが、納め過ぎた税金を返してもらうための確定申告(還付申告)は「平成30年1月1日」からすることができます。, どちらも確定申告に違いはありませんが、納め過ぎた税金が還付される場合の確定申告は還付申告と言われています。, また、通常の確定申告の提出期間は「3月15日」までとなっていますが、この還付申告については「1月1日から5年間」提出することができます。何らかの所得控除を申告し忘れていた場合、後からでも対処してもらえますので、還付金がすぐに無効になるわけではありません。, この還付申告を「1月1日」からはやめにすることで、はやく還付金を受け取れるメリットがあります。ただし、公官庁はお正月の三が日はお休みですので、実際には仕事はじめの「1月4日」からの申告になるはずです。, 国税庁のホームページにて、「e-Taxで1月・2月に申告した場合は、2~3週間程度で処理しています。」との記載がありますので、実際に還付金が振り込まれるのは、最短で「1月4日」から2~3週間程度と考えておくとよいでしょう。, ちなみに当サイト運営者のケースでいいますと、「1月4日」に還付申告をしたのち、実際に銀行口座に入金となったのは「1月20日」でした。, 今回は支払手続きがされた当日に着金しましたが、数日程度の日数がかかるケースもあると思います。e-Taxで確定申告している場合、「送信結果・お知らせ」の「還付金処理状況確認」の箇所からチェックしてみるとよいでしょう。, ちなみに、翌年の平成30年は1月4日申告で支払手続日が1月22日、銀行への着金も同日22日だったので「18日間」でした。, この「1月1日」からの還付申告については、以前までは主に「確定申告をする必要のないサラリーマンなどの給与所得者向け」のものでした。, 給与所得者は所得税が給与からの天引きで源泉徴収されているため、その払いすぎた分で還付金が発生するケースが多く、それについての還付申告がメインになっていたかと思います。, 具体的には医療費控除があったり、あるいは年度の途中で退職して年末調整を受けていない場合など、サラリーマンの年末調整の延長戦のようなイメージがあったかと思います。, 一方、個人事業主については所得税の予定納税はあるものの、フリーライターなどの業種を除いて源泉徴収はされていないはずです。どのみち確定申告をする必要があるため、還付金が発生する場合でも2月中旬以降の確定申告にて対応することになっていました。, けれども、平成23年度の税制改正により、「確定申告をする必要のある個人事業主」の場合でも、還付申告書の提出期間が「1月1日から3月15日まで」となりましたので、個人事業主でも1月1日からはやめに還付申告できるようになりました。, ただし、サラリーマンとは違い、個人事業主は確定申告をする必要があるため、3月15日までには申告する必要があります。, 確定申告も還付申告も申告方法については基本的に変わりありませんので、税金の還付を受けようとする際は、1月1日以降のお正月明け以降、e-Taxから申告するとよいでしょう。. 確定申告は、納めるべき税金を申告するために行います。一方、還付申告は、納めすぎた税金を返してもらうために行う申告です。確定申告も還付申告も、提出する書類などは基本的に同じですが、申告期間が異なります。 所得税額を確定するための確定申告は「平成30年2月16日から3月15日」までになりますが、 納め過ぎた税金を返してもらうための確定申告(還付申告) は「平成30年1月1日」からすることができます。. わざわざ税務署に足を運ばなくても家で確定申告を作成できる「国税庁 確定申告書等作成コーナー」の使い方を解説します。ひとつひとつ電卓で計算して申告書を手書きする必要もありませんし、会計ソフトを使っていないという方にはとても便利なサービスです。 更正の請求については、還付申告の場合、申告期限より5年という期限が設けられています。 申告書を提出するのを忘れてしまった場合や提出しなかった場合. >>個人事業主の確定申告についてはこちら, 確定申告の義務がない人でも、払いすぎた税金を返してもらうには還付申告が必要です。例えば次のような人は、還付申告を行うことで、事前に払いすぎた税金が戻ってきます。, たとえば、2021年の間に還付申告を行う場合は、2016年分までさかのぼって申告することができます。「2016年分」とは、2016年1月1日~12月31日の間が対象であるということです。, なお、すでに確定申告を行った年の分については、還付申告ができません。過去に行なった確定申告や還付申告の内容を訂正して還付金を受け取りたい場合は「更正の請求」と呼ばれる手続きを行います。, 確定申告は、納めるべき税金を申告するために行います。一方、還付申告は、納めすぎた税金を返してもらうために行う申告です。確定申告も還付申告も、提出する書類などは基本的に同じですが、申告期間が異なります。, 還付申告の期間は、対象となる年の翌年1月1日から5年間です。例えば2020年分の還付申告は、2025年12月31日まで受け付けてもらえます。ただし、年末年始は税務署が閉庁しているのでギリギリにならないよう注意しましょう。, 提出書類は、確定申告でも還付申告でも変わりません。決算書については、白色申告者であれば「収支内訳書」を、青色申告者であれば「青色申告決算書」を提出します。あとは確定申告書Bと、必要に応じて控除証明書などの添付書類を提出するのが基本です。, >> 還付申告についてもっと詳しく まとめ ‐ 確定申告と還付申告の違い. 確定申告期間:原則として、所得を得た翌年2月16日~3月15日の間; 還付申告期間:所得を得た翌年1月1日から5年間; 書類の記載内容などに誤りがあった場合は、「更正の請求」が必要です。還付申告書の提出日から5年以内であれば受け付けています。 それでは、確定申告と還付申告ではどのような違いがあるのか解説しよう。 目的が違う. 【いつまで有効?】確定申告・還付申告・修正申告・更正の請求について、それぞれの有効期間を分かりやすくまとめました。通常の確定申告は、原則として会計期間の翌年3月15日が期限日です。還付申告・修正申告・更正の請求は、非常に大雑把にいうと、どれも大体5年は有効です。 確定申告を修正するための手続きは、3つに分けることができます。まず1つ目の違いは、確定申告の期限前なのか期限後なのかどうか。確定申告の期限前ということは、通常3月15日まで(土日をはさむ場合は日付が後ろ倒しになります。)ということです。 確定申告まとめ 確定申告の概要から提出までの流れを丁寧に解説; 個人事業主の税金計算シミュレーション 青色申告の65万円控除は納税額がどれだけ違う? 起業の税金計算シミュレーション 法人起業と個人事業主はどっちがお得? 勘定科目・仕訳大全集 還付申告と確定申告の違い. 確定申告は、1月1日から12月31日までの1年間の所得から求められる所得税を、納税者が自ら計算して翌年の2月16日から3月15日までの間に納付する制度で、所得税は国税です。 また確定申告の期間は2月16日~3月15日だからと諦めておられる方がいるかもしれませんが「還付申告」いわゆる税金を取り戻す申告は年中いつでも受け付けてくれますので遅いということはありませんし、控除対象の年以降5年間は受けることができます。 医療費控除の還付金はいくら?20万円と50万円の場合の計算方法はコレ【2020年確定申告】 医療費控除とは、1月1日~12月31日まで本人あるいは生計を一にする家族のために医療費を支払った場合、一定金額の所得控除を受けられる制度です。 サラリーマンの場合、通常は源泉徴収で毎月の給料から所得税や復興特別所得税が天引きされていて、年末に会社が「年末調整」をしてくれるので、確定申告をする必要はありません。 ただし、サラリーマンでも、年間の医療費が10万円を超えた人や住宅ローンを組んでマイホームを購入した人、株や投資信託で損失が出た人、年の途中で退職して年末までに再就職していない人は、確定申告の際に還付申告を行うことで、税金の … 確定申告書aとbの違い。簡単にいうと「申告書aは簡易バージョン」「申告書bはフルバージョン」です。一般的に、会社員は「申告書a」を使います。個人事業主は「申告書b」を使います。申告書bは、所得の種類にかかわらず、誰でも使用できます。 >> 更正の請求とは?請求期限や還付申告との違いなど 会社を退職した年は年末調整もなく、税金を納め過ぎている可能性があります。そのような時は「還付申告」をすることで、納め過ぎた税金の還付を受けることができます。医療費が掛かった人や生命保険の保険料を払っている人なども還付申告で所得控除の適用を受けましょう。 確定申告を行う期間は毎年決まっています。期限を過ぎてしまうとペナルティが発生し、本来よりも高い税金を納めなくてはいけません。期限後申告をした場合のデメリットを理解し、定められた期間内で確定申告が行えるようにコツコツ準備を進めましょう。 自営業の方が行うと思われがちな確定申告。しかし、無職でも確定申告をしなければならない場合や行うことで得することもあります。この記事では、無職の方の確定申告が必要なケースや、申告するメリットついて解説します。 住民税申告と確定申告の違いとは? 確定申告とは、納税者が1月1日から12月31日までの1年間の「その年の所得」を申告し所得税を計算し、納税する手続きです。翌年の2月16日から3月15日までの間に申告・納付する必要があります。 確定申告とは、1年間で発生した所得について、支払うべき所得税額と、源泉徴収や予定納税で既に支払い済の所得税額を足し引きして最終的な税金を確定させることを意味します。足し引きした結果、納税する必要があれば税金を支払い、払い過ぎている場合は払い戻し(還付)を受けます。 「還付申告」と「更正の請求」の違い 還付申告とは? 還付申告とは、もともと確定申告を行う義務がない給与所得者などで、給与等から「源泉徴収された所得税額」が「本来納めるべき所得税額」よりも多い場合に、その差額(納めすぎた所得税)を還付してもらうための手続きのことです。 確定申告と還付申告では、上述した説明から見ても分かる通り、目的が全く異なる。確定申告は所得税額を計算し、それを申告して税金を納付するために行うものだ。 それに対して還付申告は、既述の国税庁のホームページにも書かれてあった通り、確定申告書を提出する義務のない人でも給与等から源泉徴収された所得税額や予定納税をした所得税額が年間の所得金額について計算した所得税額よりも多いときに、確定申告をすることで、納め過ぎの所得税の還付を受けることができる制度です。